電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-09 16:30
複数の鍵発行権限機関がある設定における匿名属性認証スキーム
穴田啓晃長崎県立大)・有田正剛情報セキュリティ大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 単一のユーザが複数の鍵発行権限機関からユーザの属性に対する属性証明書及びその鍵を付与される設定において,認証方式はそれら複数の属性証明書を同時に認証できる属性認証方式が望ましい.また,近年増しているプライバシー保護の観点から,ユーザのアイデンティティが匿名のまま認証が処理される匿名属性認証方式が必要とされている.一方,匿名属性認証方式においては,攻撃者が別々のユーザから別々の属性についての鍵を収集し,寄せ集めた鍵を用いて検証者に認証処理を受理させようとする結託攻撃が脅威である.本稿では,複数の鍵発行権限機関がある設定において,ユーザのアイデンティティが識別不可能という意味において匿名性を備え,なおかつ結託攻撃に対し耐性を備えた,匿名属性認証スキームを提案する. 
(英) In a setting that a single user is given plural credentials on her attributes and related secret keys, an authentication method to the user should be capable of simultaneously authenticate the plural credentials. Also, from the view point of users' privacy increasing recent years, there arises a need for such an attribute-authentication scheme with anonymity of users' identities.
On the other hand, in the anonymous attribute-authentication scheme, a collusion attack is typical, where an adversary collects credentials on of attributes from plural users and tries to make a verifier accept. In this report, we propose an anonymous attribute-authentication scheme with collusion resistance in the setting of plural authorities on key generation.
The anonymity is achieved by identity-indistinguishable property.
キーワード (和) 証明システム / 証拠識別不可能性 / 匿名証明書システム / / / / /  
(英) proof system / witness indistinguishability / anonymous credential system / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 285, ISEC2017-59, pp. 63-70, 2017年11月.
資料番号 ISEC2017-59 
発行日 2017-11-02 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 LOIS ISEC SITE  
開催期間 2017-11-09 - 2017-11-10 
開催地(和) 京都産業大学むすびわざ館 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2017-11-LOIS-ISEC-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数の鍵発行権限機関がある設定における匿名属性認証スキーム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Anonymous Attribute-Authentication Scheme in Multi-authority Setting on Key Generation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 証明システム / proof system  
キーワード(2)(和/英) 証拠識別不可能性 / witness indistinguishability  
キーワード(3)(和/英) 匿名証明書システム / anonymous credential system  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 穴田 啓晃 / Hiroaki Anada / アナダ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 長崎県立大学 (略称: 長崎県立大)
University of Nagasaki (略称: U.Nagasaki)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 有田 正剛 / Seiko Arita / アリタ セイコウ
第2著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-09 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2017-59,IEICE-SITE2017-41,IEICE-LOIS2017-36 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.285(ISEC), no.286(SITE), no.287(LOIS) 
ページ範囲 pp.63-70 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2017-11-02,IEICE-SITE-2017-11-02,IEICE-LOIS-2017-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会