お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-07 10:30
FPGAのためのC-to-OpenCLトランスレータの試作
胡濱良樹窪田昌史谷川一哉弘中哲夫広島市大RECONF2017-43
抄録 (和) FPGAアクセラレータの設計方法の一つにOpenCLを用いた設計手法がある.OpenCLを用いたFPGAアクセラレータの設計ではハードウェア記述言語を用いる手法に比べ,C言語ベースで記述ができるため抽象度が高くコードの記述量が少ない.しかしながら,データ転送やハードウェアを構成するための記述が必要であるためCコードと比較すると記述量は増加する.そこでFPGAアクセラレータを設計する際のコードの記述量を削減することを目的として,CコードからOpenCLコードを生成するトランスレータを実装した.トランスレータの実装ではコンパイラ基盤であるLLVMのフロントエンドClangの構文解析機能が使用できるClang Pluginを用いた.トランスレータの評価としてサンプルコードにディレクティブを挿入した後,OpenCLコードに変換しFPGA評価ボードを用いて正しい実行結果が得られたことを確認した. 
(英)
キーワード (和) FPGA / OpenCL / アクセラレータ / C-to-OpenCLトランスレータ / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 279, RECONF2017-43, pp. 37-42, 2017年11月.
資料番号 RECONF2017-43 
発行日 2017-10-30 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2017-43

研究会情報
研究会 VLD DC CPSY RECONF CPM ICD IE IPSJ-SLDM 
開催期間 2017-11-06 - 2017-11-08 
開催地(和) くまもと県民交流館パレア 
開催地(英) Kumamoto-Kenminkouryukan Parea 
テーマ(和) デザインガイア2017 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2017 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2017-11-VLD-DC-CPSY-RECONF-CPM-ICD-IE-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) FPGAのためのC-to-OpenCLトランスレータの試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA /  
キーワード(2)(和/英) OpenCL /  
キーワード(3)(和/英) アクセラレータ /  
キーワード(4)(和/英) C-to-OpenCLトランスレータ /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 胡濱 良樹 / / エビスハマ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
(略称: )
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪田 昌史 / / クボタ アツシ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 一哉 / / タニガワ カズヤ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 弘中 哲夫 / /
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-07 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2017-43 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.279 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2017-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会