電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-06 14:55
スマートフォンに表示される2次元コードを対象とした電子透かしのシミュレーションによる設計
竹下真悟前原 武神薗 誠小野智司鹿児島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,航空機の搭乗券やイベントの入場券,オンライン決済などで2次元コードを用いた認証が普及している.しかし,2次元コードはスマートフォンのカメラ等を用いた撮影で容易に複製されてしまい悪用が懸念される.本研究では,スマートフォンの画面に表示された2次元コードを対象とし,カメラを用いた複製に対して検知が可能な2次元コード用の電子透かしを,最適化により自動設計する手法を提案する.提案手法は透かしの頑健性を評価するために光学シミュレーションを用い,また複数の機種に対応できるように多目的最適化を導入する.先行研究では,スマートフォンの機種数を$n$とした場合に$2n^2$台のスマートフォンの実機を必要としていたが,提案手法は$2n$台のみの実機をキャリブレーションの際にのみ用い,最適化の最中に実機を用いない点に特徴がある. 
(英) In recent years, authentication using a two-dimensional code (2D code) has become widespread for a boarding pass of an airplane, an admission ticket for an event, online payments, and so on.However, 2D codes can be replicated easily by photographing using smartphones, there is concern that 2D codes will be replicated and used illegally.Therefore, in this study, we propose a method of automatic design of digital watermark that can detect replicated 2D codes displayed on smartphone screen. The proposed method introduces multi-objective optimization using optical simulation to evaluate robustness of watermark, and then requires only $2n$ smartphone devices only when calibration for n smartphone models, whereas the previous method required $2n^2$ devices during optimization.
キーワード (和) 電子透かし / 2次元コード / ウェーブレット変換 / 光学シミュレーション / リードソロモン符号 / / /  
(英) Degital watermark / 2D Code / Wavelet transformation / Optical simulation / Reed Solomon coding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 282, EMM2017-56, pp. 7-12, 2017年11月.
資料番号 EMM2017-56 
発行日 2017-10-30 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2017-11-06 - 2017-11-07 
開催地(和) 鹿児島大学 稲盛アカデミー棟 
開催地(英) Kagoshima Univ. (Inamori Academy) 
テーマ(和) 異種メディア融合,コンテンツ処理,メディア検索,電子透かし,一般 
テーマ(英) Multimedia Fusion, Content Processing, Multimedia Retrieval, Digital Watermarking, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2017-11-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマートフォンに表示される2次元コードを対象とした電子透かしのシミュレーションによる設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simulation-based Digital Watermark Design for Two-dimensional Codes Displayed on Smartphones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / Degital watermark  
キーワード(2)(和/英) 2次元コード / 2D Code  
キーワード(3)(和/英) ウェーブレット変換 / Wavelet transformation  
キーワード(4)(和/英) 光学シミュレーション / Optical simulation  
キーワード(5)(和/英) リードソロモン符号 / Reed Solomon coding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 真悟 / Shingo Takeshita / タケシタ シンゴ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 武 / Takeru Maehara / マエハラ タケル
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神薗 誠 / Makoto Kamizono / カミゾノ マコト
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 智司 / Satoshi Ono / オノ サトシ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-06 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2017-56 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.282 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2017-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会