電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-06 16:00
ニューラルネットワークを用いた符号化器による電子透かし法
濱元一平川村正樹山口大
抄録 (和) ニューラルネットワークを用いた符号化器による電子透かし法を提案する.学習したニューラルネットワークは,原画像と透かし情報からステゴ画像への符号化器と,ステゴ画像から透かし情報への復号器になる.符号化器は,原画像の離散コサイン変換(DCT) 係数と透かし情報を入力し,原画像のDCT係数を出力するように学習する.復号器は,符号化器の出力を入力し,透かし情報を出力するように学習する.学習したニューラルネットワークによって,透かし情報を復号することができる画質の劣化が小さいステゴ画像を生成することができた.本手法は,ニューラルネットワークのパラメータによって,提案手法の攻撃に対する耐性が変化する.そのため,パラメータの決定が重要である.ステゴ画像の画質とJPEG圧縮した後のビット誤り率(BER)の結果より,パラメータを決定した.その結果,適切なパラメータで,ステゴ画像を$Q$値が$70$以上でJPEG圧縮したときには,平均BERが$0.01$以下で透かし情報の抽出ができた.また,画質PSNRは少なくとも$35~{rm dB}$以上であった. 
(英) We propose a digital watermarking method by encoder using a neural network.The learned neural network can perform as both an encoder from an original image and a watermark to a stego-image, and a decoder from the stego-image to the watermark. The coefficients of discrete cosine transform (DCT) of the original image and watermarks are fed into the encoder, and then the neural network is trained so as to output the coefficients of the original one.The output of the encoder is fed into the decoder, and then it is trained so as to output watermarks. By using trained neural network, less degraded stego-images, from which watermarks could be extracted, could be generated. In the proposed method, since robustness against attacks depends on parameters of the neural network, we have to settle the parameters. The parameters were fixed by results of both the image quality of the stego-image and bit error rate (BER) after JPEG compression. As a result, under the suitable parameters, when the stego-image is compressed with over $70$ of $Q$-value, the watermarks can be extracted with less than $0.01$ of average BER. Moreover, the image quality PSNR can be achieved at least $35~{rm dB}$.
キーワード (和) 電子透かし / ニューラルネットワーク / JPEG圧縮 / / / / /  
(英) digital watermark / neural network / JPEG compression / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 282, EMM2017-58, pp. 17-22, 2017年11月.
資料番号 EMM2017-58 
発行日 2017-10-30 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2017-11-06 - 2017-11-07 
開催地(和) 鹿児島大学 稲盛アカデミー棟 
開催地(英) Kagoshima Univ. (Inamori Academy) 
テーマ(和) 異種メディア融合,コンテンツ処理,メディア検索,電子透かし,一般 
テーマ(英) Multimedia Fusion, Content Processing, Multimedia Retrieval, Digital Watermarking, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2017-11-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ニューラルネットワークを用いた符号化器による電子透かし法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Digital watermarking method by encoder using neural network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / digital watermark  
キーワード(2)(和/英) ニューラルネットワーク / neural network  
キーワード(3)(和/英) JPEG圧縮 / JPEG compression  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱元 一平 / Ippei Hamamoto / ハマモト イッペイ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 正樹 / Masaki Kawamura / カワムラ マサキ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-06 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2017-58 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.282 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2017-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会