電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-26 14:45
テラヘルツ波帯における真空デバイスへの取組み(その3)
梶川恵広吉田 満宗廣孝継増田則夫NECネットワーク・センサ)・関根徳彦菅野敦史山本直克笠松章史寳迫 巌NICT
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) “テラヘルツギャップ”と呼ばれる周波数帯における電力発生技術の開発が重要な課題の一つとなっており,真空デバイスは高出力の増幅器を実現するための候補として期待されている.本稿では,真空デバイスの一つであるTraveling Wave Tube (TWT)技術をベースとした300GHz帯増幅デバイスについて報告する.本増幅デバイスでは,Micro Electro Mechanical Systems (MEMS)技術により開発したFolded Waveguide(FWG)形遅波回路を用いており,電子ビームとRF信号(パルス)を相互作用させることにより,260GHzで6dBの利得および3GHzの3dB帯域幅が得られている. 
(英) At frequencies in “Terahertz Gap” band, power generating technology has been one of major R&D challenges. Recently, vacuum electronics are expected that they have the potential to realize high power RF amplifier. In this paper, a 300GHz amplification device based on traveling wave tube (TWT) technology is reported. We employed folded waveguide (FWG) slow wave circuit structure which was fabricated by using micro electro mechanical systems (MEMS) manufacturing process. The RF signal is interacted with electron beam in the FWG slow wave circuit, we obtained gain of 6dB at 260GHz with 3GHz band width.
キーワード (和) テラヘルツ / 真空デバイス / / / / / /  
(英) TWT / FWG / Terahertz / Vacuum Electronics / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 267, ED2017-39, pp. 13-16, 2017年10月.
資料番号 ED2017-39 
発行日 2017-10-19 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2017-10-26 - 2017-10-27 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所本館6階大会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) 電子管と真空ナノエレクトロニクス及びその評価技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2017-10-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テラヘルツ波帯における真空デバイスへの取組み(その3) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development Activity of Vacuum Electronics in THz Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テラヘルツ / TWT  
キーワード(2)(和/英) 真空デバイス / FWG  
キーワード(3)(和/英) / Terahertz  
キーワード(4)(和/英) / Vacuum Electronics  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 恵広 / Yoshihiro Kajikawa / カジカワ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) NECネットワーク・センサ株式会社 (略称: NECネットワーク・センサ)
NEC Network and Sensor Systems, Ltd. (略称: NETS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 満 / Mitsuru Yoshida / ヨシダ ミツル
第2著者 所属(和/英) NECネットワーク・センサ株式会社 (略称: NECネットワーク・センサ)
NEC Network and Sensor Systems, Ltd. (略称: NETS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗廣 孝継 / Takatsugu Munehiro / ムネヒロ タカツグ
第3著者 所属(和/英) NECネットワーク・センサ株式会社 (略称: NECネットワーク・センサ)
NEC Network and Sensor Systems, Ltd. (略称: NETS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 則夫 / Norio Masuda / マスダ ノリオ
第4著者 所属(和/英) NECネットワーク・センサ株式会社 (略称: NECネットワーク・センサ)
NEC Network and Sensor Systems, Ltd. (略称: NETS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 関根 徳彦 / Norihiko Sekine / セキネ ノリヒコ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 敦史 / Atsushi Kanno / カンノ アツシ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 直克 / Naokatsu Yamamoto / ヤマモト ナオカツ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠松 章史 / Akifumi Kasamatsu / カサマツ アキフミ
第8著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 寳迫 巌 / Iwao Hosako / ホサコ イワオ
第9著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-26 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2017-39 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.267 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ED-2017-10-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会