お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-24 15:30
物体表面の質感観察における瞳孔径変化
田中 緑新井隆介堀内隆彦千葉大HIP2017-79
抄録 (和) 瞳孔径は視覚情報の認識機構として広く研究されている.瞳孔径は,物理的要因である観察環境の明るさに対して縮瞳・散瞳することに加えて,観察対象への興味や記憶のような心理的要因によっても散瞳することが報告されている.著者らは,物体表面の質感観察が瞳孔径変化に与える影響に着目し,その変化量を計測した.実験刺激として,光沢感,透明感,粒状感を有する石と,糸の織り目によって形成される粒状感を有する7色の帆布を用いた.実験の結果,物体表面の質感に注目して観察した際に,縮瞳する結果が得られた. 
(英) Pupil behavior is widely studied as recognition mechanism of the visual information. Changes in pupil diameter are known to be caused by the brightness of the surrounding illumination environment. In recent studies, it has been reported that human internal conditions such as interest, memory, and stress can affect the pupil diameter. In this study, we focus on the pupil behavior during observation of surface appearance of material objects and measure the changes of pupil size by conducting the psychophysiological experiments. As a result, we found that the pupil size contracted during the careful observation of material appearance of object surface.
キーワード (和) 瞳孔径 / 質感 / 心理生理学実験 / / / / /  
(英) Pupil size / Material appearance / Psychophysiological experiment / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 259, HIP2017-79, pp. 97-99, 2017年10月.
資料番号 HIP2017-79 
発行日 2017-10-16 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2017-79

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2017-10-23 - 2017-10-24 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 眼球運動(調節,瞳孔を含む),空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等),およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Eye Movement (including Accommodation and Pupil), Spatial Perception (Depth Perception, Motion Perception, etc.), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2017-10-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物体表面の質感観察における瞳孔径変化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pupil Size Changes During Observation of Surface Appearance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 瞳孔径 / Pupil size  
キーワード(2)(和/英) 質感 / Material appearance  
キーワード(3)(和/英) 心理生理学実験 / Psychophysiological experiment  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 緑 / Midori Tanaka / タナカ ミドリ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 隆介 / Ryusuke Arai / アライ リュウスケ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 隆彦 / Takahiko Horiuchi / ホリウチ タカヒコ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-24 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2017-79 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.259 
ページ範囲 pp.97-99 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-HIP-2017-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会