お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-24 09:40
視覚的注意による神経応答の修飾を再現する線形数理モデル
正岡明浩小濱 剛近畿大HIP2017-68
抄録 (和) 本研究では,視覚的注意に関わる神経アルゴリズムの解明を目的として,神経生理学的知見に応じて拡張することが容易な数理モデルを提案する.注意の機能を説明するモデルは以前から提案されているが,従来モデルは非線形性が強いために,新たな機能を追加することが難しいという問題があった.そこで本研究では,線形結合が基本となる拡張が容易な新たなモデルの構築を行った.シミュレーション実験の結果,提案モデルは安定的に動作し,視覚的注意の機能を説明するモデルとして妥当であることが示された. 
(英) In order to elucidate the neural mechanism of the visual attention, we propose a new mathematical model which can be easily extended according to neurophysiological evidence. Although the models which can explain the function of attention have been proposed, it is difficult to extend new functions on them because these conventional models have strong non-linearity. Our proposed model is basically structured by linear connection and easy to extend. The results of simulation experiments suggest that the proposed model is able to stably replicate the neurophysiological evidence about attentional modulation.
キーワード (和) 視覚神経系 / 視覚的注意 / 数理モデル / 高次脳機能 / / / /  
(英) Visual nerve system / Visual attention / Mathematical model / Higher order brain function / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 259, HIP2017-68, pp. 53-56, 2017年10月.
資料番号 HIP2017-68 
発行日 2017-10-16 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2017-68

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2017-10-23 - 2017-10-24 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 眼球運動(調節,瞳孔を含む),空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等),およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Eye Movement (including Accommodation and Pupil), Spatial Perception (Depth Perception, Motion Perception, etc.), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2017-10-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚的注意による神経応答の修飾を再現する線形数理モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A linear mathematical model of attentional modulation in visual nervous system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚神経系 / Visual nerve system  
キーワード(2)(和/英) 視覚的注意 / Visual attention  
キーワード(3)(和/英) 数理モデル / Mathematical model  
キーワード(4)(和/英) 高次脳機能 / Higher order brain function  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 正岡 明浩 / Akihiro Masaoka / マサオカ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小濱 剛 / Takeshi Kohama / コハマ タケシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-24 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2017-68 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.259 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2017-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会