お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-24 10:00
確率的顕著性マップモデルによる自由観察条件におけるスキャンパスのシミュレーション
岡崎那耶小濱 剛近畿大HIP2017-69
抄録 (和) 近年,webサイトや広告などのデザインを評価する指標として,自由観察時の視線分布を利用する手法が注目されている.実測された視線データの代替として,顕著性マップモデルに基づいた視線予測モデルの利用が提案されているが,これらのモデルによるスキャンパスシミュレーションは注視履歴が考慮されていないため,視線移動の時間的推移を再現するには至っていない.そこで本研究では,自由観察時の視線移動を再現することを目的として,従来の条件付き確率を考慮した視線予測モデルに対して,位置と視覚的特徴の情報処理過程を生理学的な知見と一致するように修正を施した.その結果,提案モデルの視線予測の精度は, 他の代表的なモデルと比べて高くなることが示され,自由観察時の視線移動を再現する上で有効なモデルであることが示された. 
(英) Recently, saliency based mathematical models are frequently used to predict observers' gaze shifts. Although these models are superior to predict gaze positions at first sight, scan-path simulations are not useful because they do not consider the history of gazed locations. In this study, we proposed a new model which predicts scan-path of free-viewing condition. The proposed model processes the position information and the visual feature information separately by considering physiological mechanisms. We evaluated the validity of the model by comparing the cross-correlation of simulated scan-paths and actual human eye movements. The results suggest that the validity of proposed model is superior to other representative models, and proposed model is effective for predicting scan-path of free-viewing.
キーワード (和) 自由観察 / スキャンパス / 注視点分布 / 視覚的注意 / 顕著性マップ / / /  
(英) Free-view / Scan-path / Gaze distribution / Visual attention / Saliency map / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 259, HIP2017-69, pp. 57-60, 2017年10月.
資料番号 HIP2017-69 
発行日 2017-10-16 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2017-69

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2017-10-23 - 2017-10-24 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 眼球運動(調節,瞳孔を含む),空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等),およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Eye Movement (including Accommodation and Pupil), Spatial Perception (Depth Perception, Motion Perception, etc.), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2017-10-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率的顕著性マップモデルによる自由観察条件におけるスキャンパスのシミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Scan path simulation in free-viewing condition based on a probabilistic saliency map model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自由観察 / Free-view  
キーワード(2)(和/英) スキャンパス / Scan-path  
キーワード(3)(和/英) 注視点分布 / Gaze distribution  
キーワード(4)(和/英) 視覚的注意 / Visual attention  
キーワード(5)(和/英) 顕著性マップ / Saliency map  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 那耶 / Tomoya Okazaki / オカザキ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小濱 剛 / Takeshi Kohama / コハマ タケシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-24 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2017-69 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.259 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2017-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会