お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-23 16:10
周辺視野における刺激周波数とSSVEP応答の関係
中島健太南 哲人東 広志中内茂樹豊橋技科大HIP2017-63
抄録 (和) ヒトの視覚的注意には,対象への視線を伴う注意である顕在的注意(Overt attention)と視線を伴わない潜在的注意(Covert attention)の2種類の注意状態がある.定常状態視覚誘発電位(SSVEP,Steady State Visual Evoked Potential)は潜在的注意を抽出するための方法のひとつである.しかし,顕在的注意(中心視)の場合は点滅刺激に注意を向けるとSSVEP応答が増大することが明らかになっているが,潜在的注意(周辺視)に関しては明らかではない.中心視と周辺視では視覚情報の処理性能が異なるため,顕在的注意と潜在的注意ではこの特性が異なると考えられる.そこで本研究では,視覚刺激の偏心度や明滅周波数が異なる場合にSSVEP応答がどのように変化するかを比較することで,潜在的注意抽出のための適切な刺激について調査する. 
(英) Visual system has two modes to pay attention to an object. One is the overt attention that is to pay attention by moving eyes to the object. The other is the covert attention that is to shift attention without gazing. Using a brain response called SSVEPs enable us to observe the covert attention. However, the SSVEP responses increase by the overt attention while the responses are unclear for the covert attention (peripheral vision). Because visual performance in central and peripheral vision are different, the responses for the overt and covert attentions could be different. This study measures SSVEP responses evoked by stimuli with various flickering frequencies and eccentricities. We discuss suitable stimuli to observe the covert attention.
キーワード (和) 脳波 / 定常状態視覚誘発電位 / 空間的注意 / 潜在的注意 / / / /  
(英) EEG / SSVEP / Visual spatial attention / Covert attention / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 259, HIP2017-63, pp. 35-38, 2017年10月.
資料番号 HIP2017-63 
発行日 2017-10-16 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2017-63

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2017-10-23 - 2017-10-24 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 眼球運動(調節,瞳孔を含む),空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等),およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Eye Movement (including Accommodation and Pupil), Spatial Perception (Depth Perception, Motion Perception, etc.), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2017-10-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周辺視野における刺激周波数とSSVEP応答の関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship between flickering frequency and SSVEP response in peripheral visual field 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳波 / EEG  
キーワード(2)(和/英) 定常状態視覚誘発電位 / SSVEP  
キーワード(3)(和/英) 空間的注意 / Visual spatial attention  
キーワード(4)(和/英) 潜在的注意 / Covert attention  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 健太 / Kenta Nakashima / ナカシマ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 南 哲人 / Tetsuto Minami / ミナミ テツト
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東 広志 / Hiroshi Higashi / ヒガシ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中内 茂樹 / Shigeki Nakauchi / ナカウチ シゲキ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-23 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2017-63 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.259 
ページ範囲 pp.35-38 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2017-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会