電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-23 14:00
[ポスター講演]Successive Method to Improve on the Active Self-Interference Cancellation Technique
Ramez AskarBenjamin SchubertFabian UndiWilhelm KeusgenThomas HausteinFraunhofer HHI
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) This poster introduces a successive self-interference cancellation method enabled by means of iterative self-interference channel estimation. The proposed cancellation mechanism is implemented on a full-duplex wireless transceiver, which is equipped with an auxiliary transmitter for RF self-interference cancellation purpose. Some of the upper bounds that the method suffers from due to prominent hardware impairments are also analyzed in this paper. Experimental results demonstrated around 60 dB of self-interference RF suppression over a 200 MHz of bandwidth in corresponding to the use of the proposed successive mechanism. 
(英) This poster introduces a successive self-interference cancellation method enabled by means of iterative self-interference channel estimation. The proposed cancellation mechanism is implemented on a full-duplex wireless transceiver, which is equipped with an auxiliary transmitter for RF self-interference cancellation purpose. Some of the upper bounds that the method suffers from due to prominent hardware impairments are also analyzed in this paper. Experimental results demonstrated around 60 dB of self-interference RF suppression over a 200 MHz of bandwidth in corresponding to the use of the proposed successive mechanism.
キーワード (和) Full-duplex / self-interference / successive self-interference cancellation / OFDM / / / /  
(英) Full-duplex / self-interference / successive self-interference cancellation / OFDM / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR SRW RCS  
開催期間 2017-10-23 - 2017-10-24 
開催地(和) Grand Hotel Palatino, Rome, Italy 
開催地(英) Grand Hotel Palatino, Rome, Italy 
テーマ(和) SmartCom2017 
テーマ(英) SmartCom2017 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2017-10-SR-SRW-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Successive Method to Improve on the Active Self-Interference Cancellation Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Full-duplex / Full-duplex  
キーワード(2)(和/英) self-interference / self-interference  
キーワード(3)(和/英) successive self-interference cancellation / successive self-interference cancellation  
キーワード(4)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Ramez Askar / Ramez Askar /
第1著者 所属(和/英) Fraunhofer Heinrich Hertz Institute (略称: Fraunhofer HHI)
Fraunhofer Heinrich Hertz Institute (略称: Fraunhofer HHI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Benjamin Schubert / Benjamin Schubert /
第2著者 所属(和/英) Fraunhofer Heinrich Hertz Institute (略称: Fraunhofer HHI)
Fraunhofer Heinrich Hertz Institute (略称: Fraunhofer HHI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Fabian Undi / Fabian Undi /
第3著者 所属(和/英) Fraunhofer Heinrich Hertz Institute (略称: Fraunhofer HHI)
Fraunhofer Heinrich Hertz Institute (略称: Fraunhofer HHI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Wilhelm Keusgen / Wilhelm Keusgen /
第4著者 所属(和/英) Fraunhofer Heinrich Hertz Institute (略称: Fraunhofer HHI)
Fraunhofer Heinrich Hertz Institute (略称: Fraunhofer HHI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Thomas Haustein / Thomas Haustein /
第5著者 所属(和/英) Fraunhofer Heinrich Hertz Institute (略称: Fraunhofer HHI)
Fraunhofer Heinrich Hertz Institute (略称: Fraunhofer HHI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-23 14:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 SR 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.257(SR), no.258(SRW) 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会