電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-20 13:25
[依頼講演]マルチセルMassive MIMOアップリンクにおける判定帰還型チャネル推定を用いたセミブラインド干渉除去
丸田一輝安 昌俊千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,マルチセルMassive MIMOシステムにおけるセミブラインド型アダプティブアレー及び判定帰還型チャネル推定を用いたアップリンク干渉除去方式を提案する.システム容量増大のために空間多重数を増加する場合,チャネル推定に必要な直交系列数には上限があることから,それらは各セルにて繰り返し用いることになり,その結果パイロット信号によるセル間干渉,すなわちパイロット汚染が生じる.このためセル間干渉に加えユーザ間干渉も十分に抑圧できない.Massive MIMOシステムにおいて,基地局のアンテナ数が到来波数よりも多ければ,全ての干渉は抑圧可能である.そこで,チャネル推定値に基づいて生成したMMSE受信ウェイトを初期値としてCMAアダプティブアレーを適用することにより当該自由度を活用しセル間干渉およびユーザ間干渉を同時に抑圧することが可能である.本稿ではさらに,判定帰還型チャネル推定を導入し,その特性改善を図る.干渉抑圧後の受信データシンボルを再度チャネル推定に利用することでチャネル推定精度を向上し,CMAの干渉抑圧性能の向上及び所要シンボル数の削減が可能となる.これら一連の処理は繰り返し実施することが可能である.提案手法の有効性を計算機シミュレーションを通して示す. 
(英) This paper proposes a semi-blind uplink interference suppression scheme for multicell multiuser massive MIMO systems. In single frequency networks, inter-cell interference (ICI) becomes extensive when a number of users are spatially multiplexed. Though the orthogonal pilots enable efficient channel state information (CSI) estimation for multiuser MIMO, they must be reused among cells due to the limitation of orthogonal sequence set. It causes pilot contamination and thus inter-user interference (IUI) cannot be suppressed enough. In the massive MIMO systems, ICI and IUI can be potentially suppressed since base station has excess degrees of freedom (DoF). Our proposal applies constant modulus algorithm (CMA) and exploits CSI based minimum mean-square error (MMSE) reception weight as an initial input of CMA. Obtained weight can extract desired signal for desired UTs by suppressing IUI and ICI. In addition, decision feedback channel estimation (DFCE) is then introduced to further enhance interference suppression performance by improving CSI estimation accuracy. A series of signal processing, MMSE--CMA--DFCE, can be iteratively performed. Computer simulation reveals that the proposed scheme can improve outage probability where SINR = 10 dB threshold and it satisfies below CDF=5% by iterative process with reduced number of data symbol.
キーワード (和) 大規模MIMO / マルチセル / アダプティブアレー / 定包絡線アルゴリズム / パイロット汚染 / チャネル推定 / 判定帰還 /  
(英) Massive MIMO / Multicell / Adaptive array / Constant modulus algorithm / Pilot contamination / Channel estimation / Decision feedback /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 246, RCS2017-194, pp. 143-148, 2017年10月.
資料番号 RCS2017-194 
発行日 2017-10-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) 東北工業大学 
開催地(英) Tohoku Institute of Technology 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチセルMassive MIMOアップリンクにおける判定帰還型チャネル推定を用いたセミブラインド干渉除去 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Semi-Blind Adaptive Interference Cancellation with Decision Feedback Channel Estimation on Multicell Massive MIMO Uplink 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大規模MIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) マルチセル / Multicell  
キーワード(3)(和/英) アダプティブアレー / Adaptive array  
キーワード(4)(和/英) 定包絡線アルゴリズム / Constant modulus algorithm  
キーワード(5)(和/英) パイロット汚染 / Pilot contamination  
キーワード(6)(和/英) チャネル推定 / Channel estimation  
キーワード(7)(和/英) 判定帰還 / Decision feedback  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安 昌俊 / Chang-Jun Ahn / アン チャンジュン
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-20 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-194 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 pp.143-148 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会