お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-20 10:45
線形回路理論を用いた2.45GHz帯F級時間反転双対整流器簡易設計法の検討
明神史典楳田洋太郎東京理科大EMCJ2017-46 MW2017-98 EST2017-61 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2017-98 EST2017-61
抄録 (和) 本研究ではF級時間反転双対整流器における電圧位相関係及び振幅に着目した, 線形回路理論によるゲートインピーダンスの理論設計法の提案及びシミュレーションによる妥当性の評価を行う. 先ず時間反転双対整流器の動作原理から基本波に対する位相反転条件を推察し、線形等価回路において理論式を導出する. 次にシミュレーションにおいてF級時間反転双対整流器を作成し, 理論値とシミュレーション値の比較を行う. またシミュレーション結果において位相関係及び振幅と電力変換効率の関係性を示す. その結果, 理論値とシミュレーション値には線形等価回路化による差が発生したものの, ドレイン電圧とゲート電圧が位相反転かつ十分なゲート電圧及びドレイン電圧振幅が発生するとき電力効率が最も高くなることを示す. 
(英) In this paper, a theoretical design of class-F time-reversal rectifier is proposed. By considering phase and amplitude of the gate-source voltage, a theoretical formula of the gate side impedance is derived. In microwave circuit simulation, class-F time-reversal rectifier was designed and compared with a theoretical value. As a result, it could be confirmed that RF-DC efficiency is improved by adjusting the phase and amplitude of gate-source voltage with the gate side impedance.
キーワード (和) 整流器 / F級 / 時間反転双対 / / / / /  
(英) Rectifier / Class-F / Time Reversal Duality / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 244, MW2017-98, pp. 111-116, 2017年10月.
資料番号 MW2017-98 
発行日 2017-10-12 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2017-46 MW2017-98 EST2017-61 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2017-98 EST2017-61

研究会情報
研究会 MW EMCJ EST  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) あきた芸術村 温泉ゆぽぽ バンケットホール紫苑 
開催地(英) Yupopo 
テーマ(和) 電磁界シミュレーション,EMC, マイクロ波一般 
テーマ(英) Electromagnetic simulation ,EMC, Microwave technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-10-MW-EMCJ-EST-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線形回路理論を用いた2.45GHz帯F級時間反転双対整流器簡易設計法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Simple Design of 2.45GHz Class-F Time-Reversal Rectifier Using Linear Theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 整流器 / Rectifier  
キーワード(2)(和/英) F級 / Class-F  
キーワード(3)(和/英) 時間反転双対 / Time Reversal Duality  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 明神 史典 / Fuminori Myojin / ミョウジン フミノリ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 楳田 洋太郎 / Yohtaro Umeda / ウメダ ヨウタロウ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-20 10:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-EMCJ2017-46,IEICE-MW2017-98,IEICE-EST2017-61 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.243(EMCJ), no.244(MW), no.245(EST) 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2017-10-12,IEICE-MW-2017-10-12,IEICE-EST-2017-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会