お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-20 11:20
畳み込みニューラルネットワークを用いた料理写真の魅力度推定
佐藤陽昇名大)・道満恵介中京大)・平山高嗣井手一郎川西康友出口大輔村瀬 洋名大MVE2017-32
抄録 (和) 我々は,料理を美味しそうに撮影するための支援技術として,料理が美味しそうに見える度合い「魅力度」を推定する手法を提案してきた.この手法では,魅力度付きの料理画像群から画像特徴を抽出し,回帰の枠組みにより未知の料理写真に対して魅力度を推定する.本報告では,新たなアプローチとして畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いて魅力度推定器を構築した結果を述べる.具体的には,VGG16,ResNet50,Inception-v3の学習済みモデルをそれぞれ転移学習したCNNを構築し,これを魅力度推定器として利用する.従来手法と比較した結果から,VGG16の事前学習モデルに基づいた魅力度推定器が有効であることを確認した. 
(英) We have previously proposed a method for estimating the attractiveness of a food photo in order to assist a user to shoot attractive food photos. In this method, image features were extracted from food photos with attractiveness scores, and the attractiveness score of an input food photo was estimated in a regression framework. In this report, we describe the result of constructing an attractiveness estimator using a convolutional neural network (CNN) as a new approach to this method. Specifically, CNNs which transfer-learned each of the pre-trained models of VGG16, ResNet50 and Inception-v3 is constructed and used as an attractiveness estimator. From the results compared with the previous method, we confirmed that the attractiveness estimator based on the VGG16 pre-trained model was effective.
キーワード (和) 料理写真 / 撮影支援 / 魅力度 / 畳み込みニューラルネットワーク / / / /  
(英) Food photo / shooting support / attractiveness / convolutional neural networks / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 252, MVE2017-32, pp. 107-111, 2017年10月.
資料番号 MVE2017-32 
発行日 2017-10-12 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2017-32

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) 北見工業大学 
開催地(英) KitamiInstitute of Technology 
テーマ(和) スポーツの科学・エクスペリエンス・社会展開および一般(VR学会SIG-SC,SIG-MR, HI学会 SIG-DeMOと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2017-10-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 畳み込みニューラルネットワークを用いた料理写真の魅力度推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimating the attractiveness of a food photo using a Convolutional Neural Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 料理写真 / Food photo  
キーワード(2)(和/英) 撮影支援 / shooting support  
キーワード(3)(和/英) 魅力度 / attractiveness  
キーワード(4)(和/英) 畳み込みニューラルネットワーク / convolutional neural networks  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 陽昇 / Akinori Sato / サトウ アキノリ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 道満 恵介 / Keisuke Doman / ドウマン ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 高嗣 / Takatsugu Hirayama / ヒラヤマ タカツグ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 一郎 / Ichiro Ide / イデ イチロウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川西 康友 / Yasutomo Kawanishi / カワニシ ヤストモ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 出口 大輔 / Daisuke Deguchi / デグチ ダイスケ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 洋 / Hiroshi Murase / ムラセ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-20 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2017-32 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.107-111 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MVE-2017-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会