お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-20 13:00
[依頼講演]帯域内全二重の実現に向けた自己干渉除去技術
宮路祐一小松和暉上原秀幸豊橋技科大RCS2017-193
抄録 (和) 帯域内全二重は,同一周波数同時送受信を可能とし,5G & Beyondに向けて注目されている通信方式である.
しかし,帯域内全二重を実現するためには自己干渉を除去する必要がある.
本報告では,自己干渉除去における適応ディジタルフィルタの研究動向と課題について概説する.
現在,精度よく自己干渉を除去するフィルタ構成として,並列接続型ハマーシュタインモデルが検討されている.
精度よく自己干渉を除去する一方で,学習する際の計算量が課題である.
著者らは,低計算量化のために周波数領域での学習を用いた自己干渉除去フィルタを検討している.
提案手法は,自己干渉除去の性能を劣化させることなく,計算量を削減することを明らかにする. 
(英) In-band full duplex, which is a new communication system attracting attention for 5G and beyond, can transmit and receive information simultaneously at same frequency band.
However, self-interference cancellation is essential for realizing in-band full duplex.
In this report, we review some research trends and problems on adaptive digital filters regarding self-interference cancellation.
Today, a parallel Hammerstein model is proposed to eliminate self-interference precisely.
Although this model can cancel self-interference highly, it consumes large computational costs in a learning period.
To reduce computational costs, we propose a frequency-domain self-interference canceller.
We clarify that the proposed canceller achieves high cancellation and low computational costs.
キーワード (和) 帯域内全二重 / 自己干渉除去 / ディジタル適応フィルタ / 低計算量化 / / / /  
(英) in-band full duplex / self interference / adaptive digital filter / low computational cost / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 246, RCS2017-193, pp. 141-141, 2017年10月.
資料番号 RCS2017-193 
発行日 2017-10-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2017-193

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) 東北工業大学 
開催地(英) Tohoku Institute of Technology 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 帯域内全二重の実現に向けた自己干渉除去技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Self-Interference Cancellation for In-Band Full-Duplex 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 帯域内全二重 / in-band full duplex  
キーワード(2)(和/英) 自己干渉除去 / self interference  
キーワード(3)(和/英) ディジタル適応フィルタ / adaptive digital filter  
キーワード(4)(和/英) 低計算量化 / low computational cost  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮路 祐一 / Yuichi Miyaji / ミヤジ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 和暉 / Kazuki Komatsu / コマツ カズキ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 秀幸 / Hideyuki Uehara / ウエハラ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-20 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-193 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 p.141 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCS-2017-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会