お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-20 14:15
UWB信号を用いた体動ノイズが除去可能な非接触心拍センシング手法の検討
三井一高王 建青名工大)・斉藤 隆高岡 彰SOKEN)・肥後憲仁山田公一デンソーEMCJ2017-51 MW2017-103 EST2017-66 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2017-103 EST2017-66
抄録 (和) 自動車運転者の突発的な体調急変による事故を未然に防ぐために運転者の健康状態を常時モニタリングするシステムの構築が求められている.運転者の健康状態を知る指標の一つとして心拍があり,継続的に測定することで心疾患の早期発見につながる.そこで本研究では車の運転者に用いることのできる非接触的心拍検出法の検討を行った.まず車の揺れや運転者の体の動きによる体動ノイズを考慮した上で,UWB (Ultra Wide Band) パルスを人体に照射し,反射波を検出して体動ノイズを除去する処理を行うことで心拍を検出する手法を考案した.この手法の妥当性を確認するため,情報通信研究機構開発の解剖学的人体数値モデルを用いてFDTD (Finite Difference Time Domain) シミュレーションを行い、心臓の拡張・収縮により反射波が変化することを確認した.次に体動ノイズと心拍を考慮したシミュレーションを行い,パルスの5$sim$8 GHzの位相差の和において心臓拡張時と縮小時で40 radの差があることから,心臓の拡縮状態を取得し心拍が検出できることを示した. 
(英) In recent years,traffic accidents caused by a car driver getting sick are increasing. To prevent serious accident, it is required to continuously monitor the driver's health condition. Heartbeat is able to provide the information of health condition and warn a suspected heart diseases on continuously monitoring. In this study, we proposed a non-contact heartbeat sensing method available to car drivers in the presense of noise caused by vehicle swinging and body motion. The method detects the heartbeat by radiating a UWB (Ultra Wide Band) pulse to the human body, and detects reflected waves. A post-processing algorithm was applied to the reflected waves to remove these motion noises and extract heartbeat. To validate the proposed, we developed a diastole model and a systole model based on an anatomical human body model developed by National Institute of Information and Communications Technology, Japan(NICT), and employed FDTD (Finite Difference Time Domain) simulation for obtaining the reflected waves. As a result, we confirmed a difference on the reflected waves up to 40 radians between the diastole model and the systole model, which shows the feasibilty of detecting the heartbeat in the case that motion noises exist.
キーワード (和) 心拍検出 / 非接触 / UWBパルス / 電磁界シミュレーション / / / /  
(英) Heartbeat detection / non-contact / UWB pulse / electromagnetic field simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 243, EMCJ2017-51, pp. 139-142, 2017年10月.
資料番号 EMCJ2017-51 
発行日 2017-10-12 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2017-51 MW2017-103 EST2017-66 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2017-103 EST2017-66

研究会情報
研究会 MW EMCJ EST  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) あきた芸術村 温泉ゆぽぽ バンケットホール紫苑 
開催地(英) Yupopo 
テーマ(和) 電磁界シミュレーション,EMC, マイクロ波一般 
テーマ(英) Electromagnetic simulation ,EMC, Microwave technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2017-10-MW-EMCJ-EST-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UWB信号を用いた体動ノイズが除去可能な非接触心拍センシング手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Non-contact Heartbeat Sensing Method Available to Remove Body Motion Noise using UWB Signal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 心拍検出 / Heartbeat detection  
キーワード(2)(和/英) 非接触 / non-contact  
キーワード(3)(和/英) UWBパルス / UWB pulse  
キーワード(4)(和/英) 電磁界シミュレーション / electromagnetic field simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三井 一高 / Kazutaka Mitsui / ミツイ カズタカ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 建青 / Jianqing Wang / オウ ケンセイ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 隆 / Takashi Saito / サイトウ タカシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社SOKEN (略称: SOKEN)
SOKEN, Inc. (略称: SOKEN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高岡 彰 / Akira Takaoka / タカオカ アキラ
第4著者 所属(和/英) 株式会社SOKEN (略称: SOKEN)
SOKEN, Inc. (略称: SOKEN)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 肥後 憲仁 / Norihito Higo / ヒゴ ノリヒト
第5著者 所属(和/英) 株式会社デンソー (略称: デンソー)
DENSO (略称: DENSO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 公一 / Kouichi Yamada / ヤマダ コウイチ
第6著者 所属(和/英) 株式会社デンソー (略称: デンソー)
DENSO (略称: DENSO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-20 14:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2017-51,IEICE-MW2017-103,IEICE-EST2017-66 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.243(EMCJ), no.244(MW), no.245(EST) 
ページ範囲 pp.139-142 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMCJ-2017-10-12,IEICE-MW-2017-10-12,IEICE-EST-2017-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会