電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-19 14:15
物理解析に基づく熱中症リスク評価指標に関する検討
長谷川一馬小寺紗千子平田晃正名工大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 外気温などの熱ストレスが人体に与えるリスクを定量的に評価するためには,体温上昇,発汗の時間変化を把握することが重要となる.特に子供および高齢者の死亡者数は,成人に比べて多く,また,搬送者の約半数は高齢者が占めている.気象予報情報と連動して,熱中症による搬送者数を推定することができれば,普及・啓発活動,さらには消防活動などに応用できる可能性がある.本稿では,名古屋市の気象データを用いて,活動量の変動が少ない屋内での生活を模擬して,1日に亘る暑熱ばく露解析を行った.短期的指標である暑さ指数WBGT(Wet Bulb Globe Temperature),本解析により得られた総発汗量,体内深部温度上昇と熱中症の搬送者数との相関性を比較した結果,本解析により導出される指標の有効性を検討した. 
(英) It is essential to analyze the time variation of sweating and core temperature elevation to evaluate the adverse health effect of heat load on the human. The risk of heat stroke of children and elderly has been reported to be higher than adults. In particular, a half of carriers by the heat stroke are the elderly. If it is possible to predict patient numbers for heat stroke in conjunction with weather forecast information, we can apply the prediction system to popularization awareness raising activities etc. In this paper, we calculated the body temperature and water loss assuming that the subject stayed in resting condition using the weather data in Nagoya. We presented an index by comparing the heat index WBGT, which is a short-term indicator with the derived total perspiration amount and body core temperature.
キーワード (和) 生体熱輸送方程式 / 搬送人員数予測 / 熱中症リスク評価指標 / / / / /  
(英) Bio-heat transfer equation / Forecasting number of transported personnel / Risk Assessment Index of Heat Stroke / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 245, EST2017-49, pp. 45-49, 2017年10月.
資料番号 EST2017-49 
発行日 2017-10-12 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW EMCJ EST  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) あきた芸術村 温泉ゆぽぽ バンケットホール紫苑 
開催地(英) Yupopo 
テーマ(和) 電磁界シミュレーション,EMC, マイクロ波一般 
テーマ(英) Electromagnetic simulation ,EMC, Microwave technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2017-10-MW-EMCJ-EST-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物理解析に基づく熱中症リスク評価指標に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On New Risk Assessment Index of Heat Stroke based on Metrics computed from Physical Simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 生体熱輸送方程式 / Bio-heat transfer equation  
キーワード(2)(和/英) 搬送人員数予測 / Forecasting number of transported personnel  
キーワード(3)(和/英) 熱中症リスク評価指標 / Risk Assessment Index of Heat Stroke  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 一馬 / Kazuma Hasegawa / ハセガワ カズマ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小寺 紗千子 / Sachiko Kodera / コデラ サチコ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 晃正 / Akimasa Hirata / ヒラタ アキマサ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-19 14:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EMCJ2017-34,IEICE-MW2017-86,IEICE-EST2017-49 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.243(EMCJ), no.244(MW), no.245(EST) 
ページ範囲 pp.45-49 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2017-10-12,IEICE-MW-2017-10-12,IEICE-EST-2017-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会