電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-19 16:40
SMRにおけるパリティ検査情報を用いたLLR修正による繰返し復号の性能改善
西川まどか仲村泰明大沢 寿岡本好弘愛媛大)・金井 靖新潟工科大)・村岡裕明東北大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 近年,HDD(hard disk drive)の高記録密度化記録のために,強力な誤り訂正符号としてLDPC(low density parity check)符号を用いた繰返し復号方式が導入されている.本稿では,SMR(shingled magnetic recording)におけるLDPC符号化・繰返し復号化方式に対して,パリティ検査結果を用いた対数尤度比LLR(log-likelihood ratio)の修正による繰返し復号の改善について検討した.その結果,修正しない場合には誤りが残るセクタに対しても,LLRを修正することで,誤りのない復号が可能となることが明らかとなった. 
(英) In recent years, an iterative decoding system using LDPC (low density parity-check) code as a powerful error correction code has been introduced to achieve high recording density recording for HDD (hard disk drive).In this report, we discuss the improvement of iterative decoding by modification of log-likelihood ratio LLR (log-likelihood ratio) in SMR (shingled magnetic recording). The results show that the sector with errors is recovered with error free by modifying LLRs.
キーワード (和) SMR / LDPC / LLR / パリティ検査情報 / / / /  
(英) SMR / LDPC / LLR / Party check information / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, 2017年10月.
資料番号  
発行日 2017-10-12 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) 柏崎エネルギーホール、新潟 
開催地(英) Kashiwazaki energy hall, Niigata 
テーマ(和) ヘッド,スピントロニクス,一般 
テーマ(英) Recording Head, Spintronics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2017-10-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SMRにおけるパリティ検査情報を用いたLLR修正による繰返し復号の性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance improvement of iterative decoding by LLR modification using parity check information in SMR system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SMR / SMR  
キーワード(2)(和/英) LDPC / LDPC  
キーワード(3)(和/英) LLR / LLR  
キーワード(4)(和/英) パリティ検査情報 / Party check information  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 まどか / Madoka Nishikawa / ニシカワ マドカ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲村 泰明 / Yasuaki Nakamura / ナカムラ ヤスアキ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大沢 寿 / Hisashi Osawa / オオサワ ヒサシ
第3著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 好弘 / Yoshihiro Okamoto / オカモト ヨシヒロ
第4著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 靖 / Yasushi Kanai / カナイ ヤスシ
第5著者 所属(和/英) 新潟工科大学 (略称: 新潟工科大)
Niigata Institute of Technology (略称: Niigata Ins. of Tec.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 裕明 / Hiroaki Muraoka / ムラオカ ヒロアキ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-19 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2017-23 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.247 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MR-2017-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会