お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-19 10:20
分散アンテナ型ネットワークにおけるMMSE干渉除去を組み合わせたMLD復調の特性評価
宮城裕一眞田幸俊慶大RCS2017-172
抄録 (和) 本研究では,同一チャネルで統合最尤復調を適用する分散アンテナ型ネットワーク (Distributed Antenna Network:DAN)を想定し,MMSE干渉除去と組み合わせた最尤推定復調 (Maximum Likelihood Detection:MLD)を検討する.従来の最尤復調では協調しない他のアンテナからの干渉信号を雑音とみなして復調を行っていたが,統合最尤復調では干渉信号の信号点を考慮して復調を行う.ただし統合最尤復調の適用においては,メトリック計算回数の増加が問題となる.そこで,干渉信号の復調に際してMMSE干渉除去法の適用を提案する.干渉除去により干渉信号の分離を先に行うことで,MLDにおけるメトリック計算回数を低減する.QPSK,$N_T$干渉信号の場合,提案方式は計算量を$1/4^{N_T-1}$に低減する.計算機シミュレーションの結果,提案方式の4ストリームQPSKにおける特性は,Joint MLD方式に対してビット誤り率 (Bit error rate:BER)が$10^{-3}$において約$4.5,{rm dB}$の劣化となった.一方,MMSEウエイト行列の係数の値を補正することにより,特性を約$3.0,{rm dB}$改善した. 
(英) In this research minimum mean square error (MMSE) interference rejection followed by joint maximum likelihood detection (MLD) is applied to a receiver in a distributed antenna networks (DAN). In the DAN, not only the desired signals, but also the interference signals may reach from nearby uncoordinated antennas. For the overloaded signal situation, non-linear detection schemes such as joint maximum likelihood detection can be applied to the received signals. However, the amount of metric calculations in the joint MLD increases exponentially with the number of signal streams. Therefore, MMSE interference rejection followed by MLD detection is proposed. The proposed scheme reduces the complexity by a factor of $1/4^{N_T-1}$ where $N_T$ is the number of interference signals. The effect of residual interference after the MMSE interference rejection is evaluated. Numerical results obtained through computer simulation show that the performance of the proposed scheme is about $4.5,{rm dB}$ worse at a bit error rate (BER) of $10^{-3}$ as compared with that of the joint MLD while the complexity reduces by a factor of $4$ for QPSK signal streams. The BER performance degradation can be suppressed to about $3.0,{rm dB}$ by adjusting the value of the coefficient in the MMSE matrix.
キーワード (和) 5G / 過負荷MIMO / 分散アンテナ型ネットワーク / MMSE干渉除去方式 / Joint MLD / / /  
(英) 5G / Overloaded MIMO / DAN / MMSE interference rejection / Joint MLD / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 246, RCS2017-172, pp. 25-30, 2017年10月.
資料番号 RCS2017-172 
発行日 2017-10-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2017-172

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) 東北工業大学 
開催地(英) Tohoku Institute of Technology 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散アンテナ型ネットワークにおけるMMSE干渉除去を組み合わせたMLD復調の特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of MMSE Interference Rejection followed by Joint Maximum Likelihood Detection for Distributed Antenna Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 過負荷MIMO / Overloaded MIMO  
キーワード(3)(和/英) 分散アンテナ型ネットワーク / DAN  
キーワード(4)(和/英) MMSE干渉除去方式 / MMSE interference rejection  
キーワード(5)(和/英) Joint MLD / Joint MLD  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮城 裕一 / Hirokazu Miyagi / ミヤギ ヒロカズ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-19 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-172 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会