電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-19 15:55
[依頼講演]QZSS/GPS高精度時刻・位置情報を活用したMassive Connect IoT
亀田 卓東北大)・小熊 博富山高専)・末松憲治東北大RCS2017-183
抄録 (和) 次世代の情報通信ネットワークは,交通・電力・医療・農業などあらゆる分野における社会基盤として,より一層発展することが期待される.第 5 世代移動通信システム(5G)や IoT(Internet of Things)が進展し,ネットワークはこれまでの人間同士の情報伝達手段という枠組みを超え,ユーザの主体が「ヒト」から「モノ」や「コト」へと変化する.さらに,ネットワークそのもののインテリジェンスが向上し,膨大な数のノードから得られたビックデータを解析することで新たな価値を創造する "Massive Connect IoT" へと進化すると考える.この Massive Connect IoT を構成する無線通信システムにおいては,膨大な数のノード間で多種多様なデータが頻繁にやり取りされる.よって,これまでの無線通信システムで重要視されてきた周波数資源の高効率利用(高速・大容量化)に加え,アクセス制御やスケジューリングの高効率化が必要不可欠となる.本講演では,測位衛星(GNSS)から得られる高精度な時刻情報や位置情報を活用したMassive Connect IoT における無線通信ネットワークの設計手法について述べる. 
(英) The next generation information network is expected to further develop as a social infrastructure in all fields such as transportation, electricity, medical care, agriculture, and so on. With developing of the 5th generation mobile communication system (5G) and Internet of things (IoT), the network will go beyond the framework of conventional human-to-human information transmission means, and the subject of the user will change from "human" to "things" and/or "matters". Moreover, we believe that the network will evolve into "Massive Connect IoT", which will improve the intelligence of the network itself and create new value by analyzing big data from a huge number of nodes. In the wireless communication system constituting the Massive Connect IoT, various kinds of data are frequently exchanged among a huge number of nodes. Therefore, high efficiency of access control technologies and scheduling methods are indispensable, in addition to spectral efficiency, which has been regarded as the most important in conventional wireless systems. In this lecture, we describe the design of wireless communication network in Massive Connect IoT utilizing highly accurate time information and location information obtained from positioning signal of global navigation satellite system (GNSS).
キーワード (和) 同期 SS-CDMA / 時刻同期 / トラヒックナビゲーション / マップ情報 / 負荷分散 / オフローディング / /  
(英) synchronized spread spectrum code division multiple access (SS-CDMA) / timing synchronization / traffic navigation / map information / load balancing / offloading / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 246, RCS2017-183, pp. 87-87, 2017年10月.
資料番号 RCS2017-183 
発行日 2017-10-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2017-183

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) 東北工業大学 
開催地(英) Tohoku Institute of Technology 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QZSS/GPS高精度時刻・位置情報を活用したMassive Connect IoT 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Massive Connect IoT Using QZSS/GPS High Accuracy Time and Position Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 同期 SS-CDMA / synchronized spread spectrum code division multiple access (SS-CDMA)  
キーワード(2)(和/英) 時刻同期 / timing synchronization  
キーワード(3)(和/英) トラヒックナビゲーション / traffic navigation  
キーワード(4)(和/英) マップ情報 / map information  
キーワード(5)(和/英) 負荷分散 / load balancing  
キーワード(6)(和/英) オフローディング / offloading  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 博 / Hiroshi Oguma / オグマ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology, Toyama College (略称: NIT, Toyama College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-19 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-183 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 p.87 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCS-2017-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会