電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-19 16:15
マイクロ波アシスト磁気記録のための単層膜媒体と反強磁性体記録媒体の比較
サイモン グリーブス東北大)・金井 靖新潟工科大)・村岡裕明東北大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) マイクロ波アシスト磁気記録 (microwave-assisted magnetic recording: MAMR)では、記録媒体粒子間の静磁気相互作用により媒体粒子の共鳴周波数が変わり得る。したがって、記録媒体の初期状態によりスピントルク発振器が発生すべき高周波磁界の最適な周波数も変わり得る。この問題を解決するために反強磁性媒体が提案されている。本報告ではMAMRシステムで反強磁性媒体および単層媒体を仮定した計算結果を比較する。 
(英) In microwave-assisted magnetic recording magnetostatic interactions between grains can cause the resonance frequency to change. Thus, the optimal frequency for the high frequency (HF) field generated by the spin torque oscillator (STO) may vary, depending on the initial state of the medium. To solve this problem antiferromagnetically coupled (AFC) media have been proposed. This work reports on simulations of MAMR systems using AFC media and compares them with single phase media.
キーワード (和) マイクロ波アシスト磁気記録 / 反強磁性媒体 / / / / / /  
(英) microwave / assisted / antiferromagnetic / recording / media / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, 2017年10月.
資料番号  
発行日 2017-10-12 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) 柏崎エネルギーホール、新潟 
開催地(英) Kashiwazaki energy hall, Niigata 
テーマ(和) ヘッド,スピントロニクス,一般 
テーマ(英) Recording Head, Spintronics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2017-10-MR-MMS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) マイクロ波アシスト磁気記録のための単層膜媒体と反強磁性体記録媒体の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A comparison of single phase and antiferromagnetically coupled media for microwave assisted magnetic recording 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波アシスト磁気記録 / microwave  
キーワード(2)(和/英) 反強磁性媒体 / assisted  
キーワード(3)(和/英) / antiferromagnetic  
キーワード(4)(和/英) / recording  
キーワード(5)(和/英) / media  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) サイモン グリーブス / Simon Greaves /
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 靖 / Yasushi Kanai /
第2著者 所属(和/英) 新潟工科大学 (略称: 新潟工科大)
Niigata Institute of Technology (略称: Niigata Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 裕明 / Hiroaki Muraoka /
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-19 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2017-22 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.247 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MR-2017-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会