電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-16 16:15
[ポスター講演]ブラインド型アダプティブアレーアルゴリズムの干渉抑圧特性比較
丸田一輝安 昌俊千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) モバイルトラフィックの増大に伴うスモールセル化,周波数資源の枯渇等に起因し,無線通信における電波干渉は深刻な問題となりつつある.これを克服するためには,当該同一チャネル干渉を効果的に抑圧する必要がある.マルチアンテナ技術により干渉抑圧は実現されるが,そのためには一般にチャネル状態をトレーニング信号等を用いて事前に把握する必要があり,干渉信号の増大に伴いオーバーヘッドとなる.加えて異るシステム間の同一シャネル干渉はトレーニングを共有できないため干渉抑圧は困難である.ここでチャネル推定が不要なブラインド型アダプティブアレーが有効である.信号源分離を可能とするブラインド型アルゴリズムはこれまで多数提案・検討されており,それぞれ異なる性質を持つ.本稿では,信号の振幅値を最適化の基準とする定包絡線アルゴリズム(CMA)について,Steepest descent CMA(SD-CMA),Least square CMA(LS-CMA),Beam space CMA(BS-CMA),Multi modulus Algorithm (MMA),Decision directed variable step size MMA(MMA-DD-VSS)を,加えて尖度を指標とする独立成分分析(Independent Component Analysis)アルゴリズムとしてFastICA,及びRobustICAを対象とし,それらの干渉抑圧特性を変調多値数及びアンテナ自由度の観点から比較評価を行った結果を報告する. 
(英) We present performance comparison of interference suppression on blind adaptive array algorithms. Co-channel interference becomes more extensive due to frequency resource exhaustion and small cell deployment which had been triggered by mobile traffic explosion. Multi-antenna signal processing is an effective means for such co-channel interference suppression. Strict approach is to utilize a priori information of channel state by estimating it via known training sequences. It gratuitously consumes radio resource and thus overhead inflates according to the increase of interference source to be suppressed. In addition, training sequence cannot be shared between wireless communication systems employing different transmission schemes. Here we focus on blind adaptive array where any channel estimation is not required. A number of blind algorithms have been proposed and they have various characteristics. Algorithms of interest are based on constant modulus (CM) and independent component analysis (ICA) criteria: Steepest descent CMA(SD-CMA), Least square CMA(LS-CMA), Beam space CMA(BS-CMA), Multi modulus Algorithm (MMA), Decision directed variable step size MMA(MMA-DD-VSS), FastICA, and RobustICA. We present initial consideration of their interference suppression performance compared in terms of modulation order and degree of freedom.
キーワード (和) 干渉抑圧 / アダプティブアレー / ブラインド型アルゴリズム / 定包絡線アルゴリズム / 独立成分分析 / / /  
(英) Interference suppression / Adaptive array / Blind algorithm / Constant modulus algorithm / Independent component analysis / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2017-10-16 - 2017-10-17 
開催地(和) 九州大学西新プラザ 
開催地(英) Nishijin Plaza, Kyushu Univ. 
テーマ(和) 第4回コミュニケーションクオリティ(CQ)基礎講座ワークショップ -ワイヤレス環境におけるコミュニケーションクオリティ part 3- 
テーマ(英) The 4th Communication Quality Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2017-10-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブラインド型アダプティブアレーアルゴリズムの干渉抑圧特性比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison of Interference Suppression Performance on Blind Adaptive Array Algorithms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 干渉抑圧 / Interference suppression  
キーワード(2)(和/英) アダプティブアレー / Adaptive array  
キーワード(3)(和/英) ブラインド型アルゴリズム / Blind algorithm  
キーワード(4)(和/英) 定包絡線アルゴリズム / Constant modulus algorithm  
キーワード(5)(和/英) 独立成分分析 / Independent component analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安 昌俊 / Chang-Jun Ahn / アン チャンジュン
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-16 16:15:00 
発表時間 60 
申込先研究会 CQ 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会