電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-16 16:15
[ポスター講演]CAZAC等化を用いたOFDM方式の検討
石岡諒汰木村共孝村口正弘東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing)方式は周波数利用効率が高く,マルチパスフェージングに強いため多くの通信方式で利用されている.しかしOFDM方式は時間軸信号の振幅変動が大きく,PAPR (Peak-to-Average Power Ratio)が高いため送信機において電力増幅器の電力付加効率 (PAE: Power-Added Efficiency)低下を招く.本研究ではCAZAC (Constant Amplitude Zero Auto-Correlation)系列を用いたPAE改善方式を提案する.CAZAC系列は高い自己相関特性を持つ.送信機において,1次変調後のシンボルに対してCAZAC等化を行なうことで,IFFT後のOFDM信号の振幅成分をQAMマッピング時の振幅変換に等化することができる.CAZAC等化により,振幅変動が抑えられPAPRの低減になり,送信機においてPAEを改善することができる.16QAMを用いたOFDM信号に対してCAZAC等化を用いることでPAPRが約2.5dB改善し,PAEが約7.4ポイント改善した.さらに,提案方式が特定の周波数に対するフェージング環境において従来のOFDM方式に比べて優位性をもつことを示す. 
(英) It is well known that one of the most serious drawbacks of the orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) scheme in wireless applications is its high peak-to-average power ratio (PAPR), which decreases the efficiency of power amplifiers (PAs) and increases transmitter power consumption. We propose a constant amplitude zero auto-correlation (CAZAC) equalization scheme, which is a robust way of overcoming the PAPR problems with the OFDM scheme. CAZAC sequence has good auto-correlation, therefore synchronization signal in 3GPP LTE uses CAZAC sequence. The CAZAC equalization scheme makes the PAPR of multilevel quadrature amplitude modulation (MQAM) OFDM signals into the PAPR of M-QAM single-carrier signals. This paper proposes a new wireless system that introduced the CAZAC equalization scheme. CAZAC equalization improves the estimated power-added efficiency of the PAs for a 16-QAM OFDM system with 52 subcarriers from 17.8 to 25.2% because it reduces the PAPR of 2.5 dB, while the system imposes no penalties on the bit error rate (BER). The paper also provides theoretical analysis of CAZAC equalization and information on spectral control and the efficiency of BER under fading environments.
キーワード (和) OFDM方式 / CAZAC系列 / Zadoff-Chu系列 / CAZAC-OFDM方式 / PAE / / /  
(英) OFDM / CAZAC sequence / Zadoff-Chu sequence / CAZAC-OFDM / PAE / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2017-10-16 - 2017-10-17 
開催地(和) 九州大学西新プラザ 
開催地(英) Nishijin Plaza, Kyushu Univ. 
テーマ(和) 第4回コミュニケーションクオリティ(CQ)基礎講座ワークショップ -ワイヤレス環境におけるコミュニケーションクオリティ part 3- 
テーマ(英) The 4th Communication Quality Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2017-10-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CAZAC等化を用いたOFDM方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal for a New OFDM Wireless System using a CAZAC Equalization Scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM方式 / OFDM  
キーワード(2)(和/英) CAZAC系列 / CAZAC sequence  
キーワード(3)(和/英) Zadoff-Chu系列 / Zadoff-Chu sequence  
キーワード(4)(和/英) CAZAC-OFDM方式 / CAZAC-OFDM  
キーワード(5)(和/英) PAE / PAE  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石岡 諒汰 / Ryota Ishioka / イシオカ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 共孝 / Tomotaka Kimura / キムラ トモタカ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村口 正弘 / Masahiro Muraghchi / ムラグチ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-16 16:15:00 
発表時間 60 
申込先研究会 CQ 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会