電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-13 08:45
ASK-PPMを用いる光無線ターボシステムの一検討
孫 冉羽渕裕真小澤佑介茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光無線通信では、減衰や通信路シャドウイングの原因で、送信した信号の一部しか受信できないという部分的消失通信路が発生し、通常なシステムが大きな性能劣化を生じる。部分的消失通信路に対応できるシステムとして、ASK-PPMを用いる光無線ターボシステムを提案する。ASK-PPMとは振幅偏移変調(ASK: Amplitude-Shift Keying)方式と二値パルス位置変調(BPPM:Binary Pulse Position Modulation)を融合する新たなる変調方式である。本稿では、ASK-PPMの変調・復調の仕組みおよびシンボル誤り率理論値を示し、コンピュータシミュレーションにより提案するASK-PPM光無線ターボシステムのビット誤り率を評価し、従来のBPPMパンクチャードターボ符号システムと比較する。その結果、消失が行われていないスタンダード通信路では、提案システムは従来システムと同じ性能を示している。部分的消失通信路では、提案システムが明らかに従来システムより性能改善されていることが確認されている。 
(英) In optical wireless communication, because of the attenuation of light and the shadowing of the channel, partial erasure channel, which means failing to receive a part of transmitted light steams, may raise. As a system compatible with partial erasure channel, a new turbo coded ASK-PPM system is proposed. ASK-PPM is a modulation technique combining with amplitude-shift keying and binary pulse position system. The modulation scheme and symbol error rate are presented in this paper. The bit error rate performances of the proposed system is evaluated through computer simulation. Moreover, the bit error rate performance is compared with the conventional turbo coded binary pulse position modulation system. As results, in standard channel, the proposed system shows the same bit error rate performance as the conventional system. In partial erasure channel, the proposed system outperforms the conventional system far.
キーワード (和) 光無線通信 / 部分的消失通信路 / 誤り訂正符号 / ターボ符号 / ASK-PPM / / /  
(英) Optical wireless communication / Partial erasure channel / Error correcting code / Turbo code / ASK-PPM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 234, WBS2017-28, pp. 27-31, 2017年10月.
資料番号 WBS2017-28 
発行日 2017-10-05 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS  
開催期間 2017-10-12 - 2017-10-13 
開催地(和) リヴァージュ・スパひきがわ(南紀白浜) 
開催地(英) Rivage Spa Hikigawa (Nanki Shirahama) 
テーマ(和) 光無線通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) Visual Light Communiation, Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-10-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ASK-PPMを用いる光無線ターボシステムの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of ASK-PPM Optical Wireless Turbo-coded System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光無線通信 / Optical wireless communication  
キーワード(2)(和/英) 部分的消失通信路 / Partial erasure channel  
キーワード(3)(和/英) 誤り訂正符号 / Error correcting code  
キーワード(4)(和/英) ターボ符号 / Turbo code  
キーワード(5)(和/英) ASK-PPM / ASK-PPM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 孫 冉 / Ran Sun / ソン ゼン
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽渕 裕真 / Hiromasa Habuchi / ハブチ ヒロマサ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 佑介 / Yusuke Kozawa / コザワ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-13 08:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2017-28 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.234 
ページ範囲 pp.27-31 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2017-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会