電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-13 09:45
[サーベイ論文]動画像を用いた経路予測手法の分類
平川 翼山下隆義中部大)・玉木 徹広島大)・藤吉弘亘中部大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 経路予測とは,歩行者や自動車などの予測対象が未来にどのような経路を移動するかを推定する技術である.コンピュータビジョンにおける経路予測問題では主に動画像のみを入力とするため,移動経路の予測のみならず予測対象の状態や周囲の環境なども動画像から推定する必要がある.予測が行われるシーンの環境理解や予測手法には,これまでに多くのアプローチが提案されている.本稿では動画像を入力とする経路予測手法についてサーベイし,動画像からの特徴抽出法と予測手法について体系的にまとめる.また,経路予測手法を定量的に評価するために使用されるデータセットについても紹介する. 
(英) Path prediction is a method to predict future migration pathway of an object such as pedestrian or car in a movie. Because path prediction problem in the field of computer vision uses only a video or an image as input, we need to estimate not only the future path but also the object status or surrounding environment. To this end, a large number of prediction methods have been proposed. In this paper, we survey those vision-based path prediction methods and categorize them in terms of the couple of feature extraction methods from videos and prediction methods. Moreover, we introduce datasets utilized for quantitative evaluation of prediction results.
キーワード (和) 経路予測 / 行動予測 / データセット / サーベイ / / / /  
(英) Path planning / Activity forecasting / Dataset / Survey / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 238, PRMU2017-82, pp. 109-118, 2017年10月.
資料番号 PRMU2017-82 
発行日 2017-10-05 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2017-10-12 - 2017-10-13 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 深層学習 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) [サーベイ論文]動画像を用いた経路予測手法の分類 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) [Survey paper] Vision-based path prediction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 経路予測 / Path planning  
キーワード(2)(和/英) 行動予測 / Activity forecasting  
キーワード(3)(和/英) データセット / Dataset  
キーワード(4)(和/英) サーベイ / Survey  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平川 翼 / Tsubasa Hirakawa / ヒラカワ ツバサ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 隆義 / Takayoshi Yamashita / ヤマシタ タカヨシ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉木 徹 / Toru Tamaki / タマキ トオル
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 弘亘 / Hironobu Fujiyoshi / フジヨシ ヒロノブ
第4著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-13 09:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2017-82 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.238 
ページ範囲 pp.109-118 
ページ数 IEICE-10 
発行日 IEICE-PRMU-2017-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会