電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-13 10:30
平行線路を用いた大規模ワイヤレス給電の伝送効率の評価
宮本敬信ズオン クアン タン東野武史岡田 実奈良先端大)・築山大輔ダイヘンSIS2017-32
抄録 (和) 走行中の移動体端末へ向けてワイヤレスに給電するために,送電側のコイルの大規模化が必要となると考えられる.筆者らは,給電エリアを容易に拡張し,広域に給電可能領域を展開する平行二線路システムを提案しているが,線路の延長に伴い抵抗成分が増加して伝送効率が低下するといった問題がある.そこで,本稿では平行線路を並列化した四線式平行線路を導入し,電磁界シミュレーションを用いて特性評価を行った.四線式平行線路は二線路と比較して伝送効率の最大値は増加するが,横ずれに対する耐性は変化しなかった.また,複数の受電コイルで受電する場合の伝送効率についても評価した. 
(英) It is required to enlarge the transmit coil in order to deliver wireless power to moving object. The parallel line feeder system has been proposed for power transmission over a wide area. However, if the line is extended, there is a problem that the resistive component increases and the transmission efficiency decreases. In an attempt to deal with this problem, we introduce the four parallel line feeder and evaluate its performances. By electromagnetic field simulation it is shown that, the transmission efficiency increases and the effective range of lateral misalignment do not change in the four parallel line. In addition, transmission efficiency using multiple power receiving coils was evaluated.
キーワード (和) 四線式平行線路 / スパイラルコイル / 磁界共振結合 / 最大伝送効率 / / / /  
(英) Four Parallel Line Feeder / Spiral Coil / Magnetic Resonant Coupling / Maximum Transmission Efficiency / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 235, SIS2017-32, pp. 59-64, 2017年10月.
資料番号 SIS2017-32 
発行日 2017-10-05 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2017-32

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2017-10-12 - 2017-10-13 
開催地(和) 東大寺総合文化センター 
開催地(英) Todaiji Culture Center 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,組込み応用システム,一般 
テーマ(英) Intelligent Multimedia Systems, Applied Enbedded Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2017-10-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 平行線路を用いた大規模ワイヤレス給電の伝送効率の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficiency Evaluation of Large Scale Wireless Power Transmission using Parallel Line Feeder 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 四線式平行線路 / Four Parallel Line Feeder  
キーワード(2)(和/英) スパイラルコイル / Spiral Coil  
キーワード(3)(和/英) 磁界共振結合 / Magnetic Resonant Coupling  
キーワード(4)(和/英) 最大伝送効率 / Maximum Transmission Efficiency  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 敬信 / Hironobu Miyamoto / ミヤモト ヒロノブ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ズオン クアン タン / Duong Quang Thang / ズオン クアン タン
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 武史 / Takeshi Higashino / ヒガシノ タケシ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 実 / Minoru Okada / オカダ ミノル
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 築山 大輔 / Daisuke Tsukiyama / ツキヤマ ダイスケ
第5著者 所属(和/英) 株式会社ダイヘン (略称: ダイヘン)
DAIHEN Corporation (略称: DAIHEN)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-13 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2017-32 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.235 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2017-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会