電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-12 16:10
[招待講演]牽引感覚を与えるモバイルデバイスの開発と応用
五味裕章NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 人は主に五種類の感覚器官で情報を受けると一般に言われるが,現在の多くの情報機器は,「視覚」と「聴覚」の情報を伝えている.最近の多くの携帯電話はバイブレーション機能を備え,「触覚」を刺激して注意を喚起することはできるが,方向性を持つ力覚情報を伝えることはできない.この主な理由は,力覚情報を与えるためには,人に力を与える際に発生する反作用を受ける「支点」が必要なためである.そのため,力覚を与えるための装置としては,ロボットやマニピュランダムなどの,外界と接続される支点で反作用を受けることができるものが通常用いられる.これに対し,我々のグループでは,非対称振動を使い,方向性を持った力覚情報である「牽引感覚」を与えるモバイルデバイスについて長年研究を重ね,近年大幅な小型化・軽量化に成功した.この新たなデバイスは,神経心理学や神経科学分野で明らかにされてきた皮膚受容器の空間的・時間的特性を基にデザインされている.講演では,これらの知見に加えて,開発された多自由度の牽引感覚呈示が可能なデバイスを紹介し,本手法により実現した力覚呈示デバイスを使ったVR応用や,歩行経路の触覚ナビゲーションを紹介する. 
(英) Although recent developments of electrical devices enable us to use wearable and high-quality interfaces for auditory and visual information, tactile information is still limited to be used except simple vibration widely used in mobile phones or game interfaces. Specifically producing directional force generally requires some fulcrum by which reaction force need to be supported, so the force display device cannot be easily mobilized. Therefore, most of the force display devices in virtual reality, such as link-driven or wire-driven robots, are mounted on the base which can support the reaction force. In contrast, it has been known that asymmetric vibration can elicit illusory perception of tangential continuous force. Recently, we have succeeded in dramatically reducing size and weight of the device based on the spatial and temporal characteristics of cutaneous receptors unveiled in the psychophysics and neuroscience. In this talk, I will first introduce cutaneous sensory processing mechanisms and then a new mobile force display device which can induce an illusory sensation of being pulled or pushed by asymmetric vibration in multiple degrees-of-freedom without grounding. Mobile force display with multiple-degree-of-freedom would incredibly enhance applications in virtual reality and tele-communication. I will also showcase a VR game and pedestrian tactile-navigation as application examples of the new force display devices.
キーワード (和) 力覚デバイス / 多自由度 / 非対称振動 / 牽引錯覚 / / / /  
(英) Force display device / Force sensation / Asymmetric vibration / Illusory sensation of being pulled / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 235, SIS2017-28, pp. 41-42, 2017年10月.
資料番号 SIS2017-28 
発行日 2017-10-05 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2017-10-12 - 2017-10-13 
開催地(和) 東大寺総合文化センター 
開催地(英) Todaiji Culture Center 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,組込み応用システム,一般 
テーマ(英) Intelligent Multimedia Systems, Applied Enbedded Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2017-10-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 牽引感覚を与えるモバイルデバイスの開発と応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of mobile gadget inducing a sensation of being pulled 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 力覚デバイス / Force display device  
キーワード(2)(和/英) 多自由度 / Force sensation  
キーワード(3)(和/英) 非対称振動 / Asymmetric vibration  
キーワード(4)(和/英) 牽引錯覚 / Illusory sensation of being pulled  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 五味 裕章 / Hiroaki Gomi / ゴミ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-12 16:10:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2017-28 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.235 
ページ範囲 pp.41-42 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SIS-2017-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会