電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-12 15:00
[ポスター講演]MPOMsの二重符号化を用いる光CSK/SCDMAの性能評価
徳永 岳羽渕裕真小澤佑介孫 冉茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 今まで、変形擬直交M 系列対(MPOMs) と倍直交符号を用いたコードシフトキーイング(CSK) が提案さ
れてきたが、多元接続を行った場合の性能評価は行われていない。そこで本稿では、光無線環境において同期符号分
割多元接続(SCDMA) を行ったCSK のビット誤り率の評価を行っている。それにより、シミュレーションと理論解
析の結果が一致している。従来の直交M 系列のみを用いた場合は、同時送信ユーザ数= 2 で大幅に性能が劣化した。
しかし、本方式では同時送信ユーザ数= 3 であっても性能劣化を抑制している。 
(英) The code-shift-keying (CSK) using the two-layered MPOMs which combine modified pseudo orthogonal M-sequence sets (MPOMs) and bi-orthogonal code has been proposed. In this paper, synchronous code division multiple access (SCDMA) capability of the proposed system is clarified under the optical-wireless channel. Consequently, simulation results are in good agreement with theoretical calculation results. In the proposed system, it is found that the BER performance deterioration is considerably small when the number of users 5 3. Moreover, the proposed system remarkably outperforms the conventional system when the number of users = 2.
キーワード (和) 光無線通信 / コードシフトキーイング / 陪直交符号 / 光PN 符号 / 光CDMA / 変形擬直交M 系列 / 二重拡散符号 /  
(英) Optical wireless communication / Code shift keying / Bi-orthogonal code / Optical PN code / Optical code division multiple access / Modified Pseudo orthogonal M-sequence / Two-layered pseudo-noise code /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 234, WBS2017-25, pp. 11-16, 2017年10月.
資料番号 WBS2017-25 
発行日 2017-10-05 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS  
開催期間 2017-10-12 - 2017-10-13 
開催地(和) リヴァージュ・スパひきがわ(南紀白浜) 
開催地(英) Rivage Spa Hikigawa (Nanki Shirahama) 
テーマ(和) 光無線通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) Visual Light Communiation, Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-10-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MPOMsの二重符号化を用いる光CSK/SCDMAの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Optical Code-Shift Keying /SCDMA Using Two Layered MPOMs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光無線通信 / Optical wireless communication  
キーワード(2)(和/英) コードシフトキーイング / Code shift keying  
キーワード(3)(和/英) 陪直交符号 / Bi-orthogonal code  
キーワード(4)(和/英) 光PN 符号 / Optical PN code  
キーワード(5)(和/英) 光CDMA / Optical code division multiple access  
キーワード(6)(和/英) 変形擬直交M 系列 / Modified Pseudo orthogonal M-sequence  
キーワード(7)(和/英) 二重拡散符号 / Two-layered pseudo-noise code  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 岳 / Takashi Tokunaga / トクナガ タカシ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽渕 裕真 / Hiromasa Habuchi / ハブチ ヒロマサ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 佑介 / Yusuke Kozawa / コザワ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 孫 冉 / Ran Sun / ソン ゼン
第4著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-12 15:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2017-25 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.234 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2017-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会