電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-12 15:20
異常入力を反転するAutoencoder
鈴木章央田向 権九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Autoencoderは,次元の削減だけでなく,再構成性を利用した生成モデルとしての使い方がある.本研究では,生成モデルとしてのAutoencoderを用いて異常値検出を行う.通常の教師なし異常値検出器は正常値のみを与えて正常値を生成するモデルを生成する.一方で,提案手法ではAutoencoderに正常値と異常値の両方を与えて教師なし学習させる.このとき,正常値は再構成できるように,異常値は再構成できないように学習を行う.これにより,異常な入力に対しては再構成誤差が大きくなり異常値として検出できる.本稿では手書き数字画像に対する検証実験の報告を行う. 
(英) Usages of autoencoders (AEs) are not only a dimension reducer, but a generative model using reconstruction. AEs are used as the generative model in this work and applied to an abnormal detection. In usual abnormal detectors without label data, they require normal value to generate a model which generate normal values. By contrast, our AE as abnormal detector requires both of normal and abnormal data to generate a model. Proposed AE reconstructs a normal input regularly and an abnormal input irregularly, respectively. By proposed methods, reconstruction errors by abnormal input come to increase and it is easy to detect as abnormal input. This paper reports experiments about an abnormal detection with MNIST dataset by proposed AE.
キーワード (和) Deep Learning / Autoencoder / 異常値検出 / / / / /  
(英) Deep Learning / Autoencoder / Abnormal detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 235, SIS2017-26, pp. 29-34, 2017年10月.
資料番号 SIS2017-26 
発行日 2017-10-05 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2017-10-12 - 2017-10-13 
開催地(和) 東大寺総合文化センター 
開催地(英) Todaiji Culture Center 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,組込み応用システム,一般 
テーマ(英) Intelligent Multimedia Systems, Applied Enbedded Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2017-10-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異常入力を反転するAutoencoder 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An autoencoder reversing abnormal inputs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Deep Learning / Deep Learning  
キーワード(2)(和/英) Autoencoder / Autoencoder  
キーワード(3)(和/英) 異常値検出 / Abnormal detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 章央 / Akihiro Suzuki / スズキ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田向 権 / Hakaru Tamukoh / タムコウ ハカル
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-12 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2017-26 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.235 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2017-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会