お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-12 14:10
使用リソースを考慮したスマートデバイス上での継続認証に関する一検討
阿川登生東 知明山崎 恭北九州市大)・大木哲史静岡大BioX2017-25
抄録 (和) 急速に普及が進むスマートフォンやタブレットPCなどのスマートデバイスにおいて,より安全かつ便利なユーザ認証手段が必要となっている.そこで,著者らは「コンテキストアウェアネス」の概念に着目し,利用環境に適した認証方式を適応的に選択することに加え,ユーザの正当性を継続して確認する継続認証の機能を有するユーザ認証システムを提案している.一方,スマートデバイスでは,プロセッサの性能やバッテリ,メモリの容量など使用可能なリソースに制約があるため,それらも考慮する必要がある.そこで本稿では,当該システムの中核技術である利用環境認識を用いて,利便性・安全性・リソースの3点を考慮したユーザ認証手法を提案するとともに,実機上での評価を交えたシミュレーション実験に基づき,提案手法の有効性を評価した結果について報告する. 
(英) In smart devices such as smartphones and tablet PCs that are rapidly spreading, more secure and convenient user authentication means are needed. Therefore, we have focused on the concept of ``context awareness,'' and proposed a user authentication system that has the function of continuous user authentication to continuously check the validity of the user as well as adaptively selecting an appropriate authentication method that is suitable for usage environments. On the other hand, smart devices need to consider the constraints on available resource consumption such as processor performance, battery capacity, memory capacity, etc. Therefore, in this report, by using the usage environment recognition which is the core technology of the system, we propose a user authentication method considering convenience, security, and resource consumption. We also present our evaluation of the effectiveness of the proposed method based on some simulation experiments using actual smart devices.
キーワード (和) スマートデバイス / 継続認証 / 環境認識 / 使用リソース / / / /  
(英) smart device / continuous authentication / environment recognition / resource consumption / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 236, BioX2017-25, pp. 1-6, 2017年10月.
資料番号 BioX2017-25 
発行日 2017-10-05 (BioX) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード BioX2017-25

研究会情報
研究会 BioX  
開催期間 2017-10-12 - 2017-10-13 
開催地(和) 大濱信泉記念館 
開催地(英) Nobumoto Ohama Memorial Hall 
テーマ(和) バイオメトリクス,一般 
テーマ(英) Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2017-10-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 使用リソースを考慮したスマートデバイス上での継続認証に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on continuous user authentication for smart devices considering resource consumption 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートデバイス / smart device  
キーワード(2)(和/英) 継続認証 / continuous authentication  
キーワード(3)(和/英) 環境認識 / environment recognition  
キーワード(4)(和/英) 使用リソース / resource consumption  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿川 登生 / Toi Agawa / アガワ トウイ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Kitakyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 東 知明 / Tomoaki Higashi / ヒガシ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Kitakyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 恭 / Yasushi Yamazaki / ヤマザキ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Kitakyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大木 哲史 / Tetsushi Ohki / オオキ テツシ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-12 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2017-25 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.236 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2017-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会