お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-12 13:00
HDR画像のトーンマッピング処理におけるコントラスト強調の効果
佐田歩美木下裕磨塩田さやか貴家仁志首都大東京SIS2017-21
抄録 (和) 本研究では,輝度の偏りを考慮したHDR画像のトーンマッピング処理について考察する.従来のトーンマッピング処理では,HDR画像の輝度の分布に偏りがある場合,生成されるLDR画像も輝度の分布に偏りを持ってしまう.そこで,提案法では,既存のトーンマッピング処理にコントラスト強調を組み合わせることで,HDR画像が持つ輝度の分布にかかわらず,高品質なLDR画像を生成可能であることを示す.HDR画像に基づく画質評価基準の一つであるTMQIを用いた画質評価実験を,代表的なトーンマッピング処理とコントラスト強調法のもとで行う.提案法が従来のトーンマッピング法と比較して高品質なLDR画像を生成できることが確認される. 
(英) This paper proposes a new tone mapping operation for HDR images with
biased intensity distribution. In conventional tone mapping operations, when an HDR image has a bias of intensity distribution, an LDR one mapped from the HDR one has also the bias.To overcome this problem, a conventional contrast enhancement method is combined with a tone mapping operation for the tone mapping in the proposed method.The proposed method enables us to generate high quality LDR images, even when HDR images have some biased intensity distribution.We perform a number of experiments under typical tone mapping operations and contrast enhancement methods.The effectiveness of proposed method is evaluated, based on TMQI, which is one of quality assessments, represented by the objective relationship between HDR and LDR images.
キーワード (和) HDR / コントラスト強調 / トーンマッピング / / / / /  
(英) HDR / Contrast Enhancement / Tone Mapping / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 235, SIS2017-21, pp. 1-6, 2017年10月.
資料番号 SIS2017-21 
発行日 2017-10-05 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2017-21

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2017-10-12 - 2017-10-13 
開催地(和) 東大寺総合文化センター 
開催地(英) Todaiji Culture Center 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,組込み応用システム,一般 
テーマ(英) Intelligent Multimedia Systems, Applied Enbedded Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2017-10-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HDR画像のトーンマッピング処理におけるコントラスト強調の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Contrast Enhancement in Tone Mapping Operation for HDR images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HDR / HDR  
キーワード(2)(和/英) コントラスト強調 / Contrast Enhancement  
キーワード(3)(和/英) トーンマッピング / Tone Mapping  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐田 歩美 / Ayumi Sada / サダ アユミ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 裕磨 / Yuma Kinoshita / キノシタ ユウマ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 さやか / Sayaka Shiota / シオタ サヤカ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-12 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2017-21 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.235 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2017-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会