お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-05 17:10
地中レーダーを使用した鉄道構造物検査 ~ トンネル覆工と鉄道路盤検査の精度向上と効率化 ~
森島啓行ジェイアール東日本コンサルタンツ)・窪島智樹JR東日本SANE2017-62
抄録 (和) これまでのトンネルや路盤等の鉄道構造物の検査は、検査員が夜間、列車運行の停止した時間帯に、徒歩による目視検査を主体に実施していた。
この方法では、トンネル構造物など構造物の表面の状態については検査可能であるが、トンネルの覆工内部や路盤内部のクラック、空隙などの欠陥は検査できない。
一方、鉄道構造物の数量は膨大で、加えて建設後の年数は、最大で100年以上、その大部分は50年以上経過している。山陽新幹線のトンネルにおいても、建設後約30年で、覆工コンクリートが落下するなど、材料内部の検査の必要性が出てきた。
本稿においては、目視では検査不可能なトンネル覆工内部のクラック、空隙や、鉄道路盤内部の空洞の検査について地中レーダー技術を使用した検査車両を導入しているので、その検査手法について報告する。 
(英) We inspected the examination for conventional railroad structure by night in the time when a train stopped. We carried it out in the visual inspection main constituent.
By this inspecting procedure, we can give a surface test, but cannot give an internal inspection. The railroad structures are enormous and the oldest one passes more than 100 years, and most of structures pass more than 50 years
Because concrete dropped in the tunnel which passed approximately 30 years of the Sanyo Shinkansen, inspection in the tunnel concrete lining was necessary.
We introduced the tunnel inspection vehicle for tunnel lining using the ground penetrating radar and the cavity inspection vehicle of the railroad track bed
キーワード (和) 地中レーダー / 鉄道構造物 / 検査 / 非破壊検査 / / / /  
(英) G.P.R / Railway Structures / Inspection / Non-Destructive Inspection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 222, SANE2017-62, pp. 101-106, 2017年10月.
資料番号 SANE2017-62 
発行日 2017-09-27 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2017-62

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2017-10-04 - 2017-10-05 
開催地(和) 日仏会館(東京) 
開催地(英) Maison franco - japonaise (Tokyo) 
テーマ(和) 地下電磁計測ワークショップ 
テーマ(英) The 14th workshop on subsurface electromagnetic measurement 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2017-10-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地中レーダーを使用した鉄道構造物検査 
サブタイトル(和) トンネル覆工と鉄道路盤検査の精度向上と効率化 
タイトル(英) Railway Structures Inspection Method using G.P.R. 
サブタイトル(英) Inspection precision improvement and improvement of the work efficiency for tunnnel lining and track bed 
キーワード(1)(和/英) 地中レーダー / G.P.R  
キーワード(2)(和/英) 鉄道構造物 / Railway Structures  
キーワード(3)(和/英) 検査 / Inspection  
キーワード(4)(和/英) 非破壊検査 / Non-Destructive Inspection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森島 啓行 / Hiroyuki Morishima / モリシマ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社 (略称: ジェイアール東日本コンサルタンツ)
JR East Consultants Company (略称: JRC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪島 智樹 / Tomoki Kuboshima / クボシマ トモキ
第2著者 所属(和/英) 東日本旅客鉄道株式会社 (略称: JR東日本)
East Japan Railway Company (略称: JR East)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-05 17:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2017-62 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.222 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2017-09-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会