電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-05 15:20
M系列位相変調を用いたパラメトリック差音のパルス圧縮
西岡 陸野村英之電通大
抄録 (和) 低周波超音波イメージングの実現のため,パラメトリック超音波にチャープ変調を施し,パルス圧縮を適用する方法が提案されている.しかし,タイムサイドローブの発生が SNR を下げる問題がある.本研究ではパラメトリック超音波イメージングの SNR 改善ため,M 系列位相変調方式によるパルス圧縮方法の検討を行う.水中において受波された直達波のパルス圧縮はチャープ変調,M 系列変調のパルス幅はともに理論値と一致した.また,M 系列の次数を上げると,SNR に影響するタイムサイドローブが改善された.提案方法を水中に設置した真鍮棒の超音波画像取得に適用した.チャープ変調方式はメインローブ後方のサイドローブが画質を悪化させたが,6 次の M 系列方式はメインローブ前後のサイドローブが小さくなり,画質を改善した.これらの結果から,M 系列方式の適用はパラメトリック超音波を用いた低周波超音波イメージングにおいても画質改善に有効な方法のひとつであると指摘される. 
(英) The application of pulse compression to parametric ultrasound using chirp modulation have been proposed to realize low-frequency ultrasound imaging. However, the application of chirp modulation to the parametric ultrasound generates sidelobes which affect signal-to-noise ratio (SNR) of image quality. In the present study, maximal length sequential (Msequential) modulation is applied to parametric ultrasound to improve the SNR of parametric ultrasound imaging. The pulse widths of pulse compressions of chirp-modulated and M-sequential modulated parametric ultrasounds directly received in water were agree well with the theoretical value. In addition, the increase of the order of M-sequential code decrease time sidelobe level of pulse compressed signal. Obtained images of a single brass rod in water indicated that although the application of chirp modulation showed time sidelobes after mainloabes, that of sixth order of M-sequential modulation reduced sidelobes around mainlobes and improved the image quality. These results suggest that the application of M-sequential modulation to the pulse compression is a useful method to improve an image quality even in low-frequency ultrasound imaging using parametric ultrasound.
キーワード (和) パラメトリック超音波 / M系列変調 / パルス圧縮 / タイムサイドローブ / / / /  
(英) Parametric ultrasound / M-sequence modulation / Pulse compression / Time sidelobe / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 227, US2017-61, pp. 27-32, 2017年10月.
資料番号 US2017-61 
発行日 2017-09-28 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2017-10-05 - 2017-10-05 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 (共催:東北大学電気通信研究所 超音波エレクトロニクス研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2017-10-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) M系列位相変調を用いたパラメトリック差音のパルス圧縮 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pulse compression of parametric sound using M-sequence phase modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パラメトリック超音波 / Parametric ultrasound  
キーワード(2)(和/英) M系列変調 / M-sequence modulation  
キーワード(3)(和/英) パルス圧縮 / Pulse compression  
キーワード(4)(和/英) タイムサイドローブ / Time sidelobe  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西岡 陸 / Riku Nishioka / ニシオカ リク
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 英之 / Hideyuki Nomura / ノムラ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-05 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2017-61 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.227 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2017-09-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会