電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-04 15:00
COBAND実験に用いるHf-STJの開発研究
武政健一金 信弘武内勇司飯田崇史浅野千紗若狭玲那笠島誠嘉菅野洋信筑波大)・COBAND 実験コラボレータ
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 宇宙背景ニュートリノ崩壊探索実験(COBAND実験)に用いる遠赤外一光子分光が可能な検出器として、ハフニウムを用いた超電導トンネル接合素子光検出器(Hf-STJ)の開発を行っている。従来のHf-STJは光検出器として動作はするものの漏れ電流が大きく実用には至っていない。成膜条件の調整し、ハフニウム表面粗さを軽減することで絶縁膜の欠陥を減らし、漏れ電流の抑制を図った。自乗平均面粗さRMS = 2.5 nm, 0.93 nmの2つの薄膜を用いてHf-STJを作成した。それらの特性を評価した結果を報告する。 
(英) We are developing Superconducting Tunnel Junction detector using hafnium (Hf-STJ) as a far-infrared single photon detector for COsmic BAckground Neutrino Decay search (COBAND) experiment. We have successfully produced a superconductor-insulator-superconductor structure using hafnium. However, it is found to suffer from a large leakage current and needs modification of the Hf-STJ to reduce it. Rough surface of hafnium layer makes defect of insulator. We modified the sputtering condition to make smooth hafnium layer, then we obtained two new sputtering conditions. These conditions have surface RMS of 2.5 nm and 0.93 nm respectively. We have developed two Hf-STJs using these two parameters respectively. We report characteristics of these Hf-STJs.
キーワード (和) 超伝導トンネル接合 / ニュートリノ / ハフニウム / / / / /  
(英) Superconducting Tunnel Junction / Neutrino / Hafnium / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 223, SCE2017-21, pp. 1-4, 2017年10月.
資料番号 SCE2017-21 
発行日 2017-09-27 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2017-10-04 - 2017-10-05 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 検出基盤技術及び応用、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2017-10-SCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) COBAND実験に用いるHf-STJの開発研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Superconducting Tunnel Junction Detector using Hafnium for COBAND experiment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超伝導トンネル接合 / Superconducting Tunnel Junction  
キーワード(2)(和/英) ニュートリノ / Neutrino  
キーワード(3)(和/英) ハフニウム / Hafnium  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武政 健一 / Kenichi Takemasa / タケマサ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 信弘 / Shinhong Kim / キム シンホン
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武内 勇司 / Yuji Takeuchi / タケウチ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 崇史 / Takashi Iida / イイダ タカシ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 千紗 / Chisa Asano / アサノ チサ
第5著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 若狭 玲那 / Rena Wakasa / ワカサ レナ
第6著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠島 誠嘉 / Akihiro Kasajima / カサジマ アキヒロ
第7著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 洋信 / Hironobu Kanno / カンノ ヒロノブ
第8著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) COBAND 実験コラボレータ / Coband experiment collaborator /
第9著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-04 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2017-21 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.223 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SCE-2017-09-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会