お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-23 14:50
英語シャドーイング音声の自動評価に向けて ~ 教員による評価データの分析を中心に ~
坪田 康京都工繊大)・伊藤佳世子京大TL2017-40
抄録 (和) 近年,シャドーイングが英語力の伸長に効果があるという研究報告が増えてきているが,人手での評価は非常に手間がかかるため,授業等で実施するのには容易ではない.シャドーイングの自動評価技術が簡単に利用できるようになれば,効果的なシャドーイング活動の実施が容易になるであろう.自動化の予備的な検討として,A大学の1年生向けの英語授業(2クラス,63名)で,学習者の音声データを収集し,英語教員に留意すべき発音の確認,課題文中で発話できていない箇所の確認を依頼した.その評価結果に対して,課題文の難易度や学生が発話できない箇所の分析を行った.また,アライメント処理により,学習者音声がモデル音声からどれぐらい遅れて発話されているかの分析も行った.課題文の後半になればなるほど,遅れが増大する傾向がみられた.今後は,分析結果を踏まえ,アライメント処理の精緻化や課題文の再検討を行い,より詳細な分析を行う予定である. 
(英) Recently, many shadowing research proved that shadowing has the positive effect on improving English proficiency. In spite of the positive effect, it's not easy to introduce shadowing practices into classroom, since evaluations by teachers are labor and time consuming works. With the development of automatic shadowing evaluation system, the burden of those evaluation work would dramatically decrease and it would be easier to introduce more effective shadowing practices. As a preliminary experiment, we collected 63 students' shadowing speech in two class for first year students at University A. Then, we asked three teachers to evaluation the following two things: 1. whether the important pronunciation is correctly pronounced or not, 2. mark the words which are not uttered at all. For those evaluation data, we set up two hypotheses: 1. At the timing of difficult words' appearance, the words, which are not uttered appear consecutively, and 2. as time passes by, words, which are not uttered decrease. Unexpectedly, we didn't find any supportive tendency for these two hypotheses. We also tried forced alignment with a speech recognition engine, called JULIUS and evaluated the delay between the model speech and students' speech, then we found that as time passes by, the delay increase. This imply that we can modify the second hypothesis. We will further investigate these hypotheses in the future.
キーワード (和) 英語 / シャドーイング / 自動評価 / 教員による評価 / / / /  
(英) English / Shadowing practice / Automatic Evaluation / Evaluation by teachers / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 218, TL2017-40, pp. 13-18, 2017年9月.
資料番号 TL2017-40 
発行日 2017-09-16 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2017-40

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2017-09-23 - 2017-09-23 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習 テーマ2:通訳・翻訳 テーマ3:思考と言語一般 
テーマ(英) Theme1: language and learning, Theme 2: interpretation and translation, Theme 3: thought and language, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2017-09-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 英語シャドーイング音声の自動評価に向けて 
サブタイトル(和) 教員による評価データの分析を中心に 
タイトル(英) Toward automatic evaluation of shadowing data 
サブタイトル(英) Evaluation of teachers' rating for students' shadowing data 
キーワード(1)(和/英) 英語 / English  
キーワード(2)(和/英) シャドーイング / Shadowing practice  
キーワード(3)(和/英) 自動評価 / Automatic Evaluation  
キーワード(4)(和/英) 教員による評価 / Evaluation by teachers  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪田 康 / Yasushi Tsubota / ツボタ ヤスシ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 佳世子 / Kayoko Ito / イトウ カヨコ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-23 14:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2017-40 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.218 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2017-09-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会