電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-16 11:15
[ショートペーパー]人間行動の認識を用いた人物識別の研究
吉田貴之チャクラボルティ バサビ岩手県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在,携帯型端末にモーションセンサが標準装備され,社会的健康志向の高まりからリストバンド型のライフログデバイスも登場し,加速度センサやジャイロセンサの小型化と低コスト化は現代の需要と共に発達してきた.そこでユーザの移動中に生まれる行動データをセンシングする特徴を活かし,顔や画像認証など既存の個人認証技術を用いず加速度データのみから認証できないかと考えた.
本研究では各行動の分類を既存手法で検証し,行動クラスごとに個人認証精度を導出した. 
(英) Currently, motion sensors are equipped as standard equipment in mobile terminals, list band type lifelog devices have also appeared due to social health consciousness, and miniaturization and cost reduction of acceleration sensors and gyrosensors have been developed together with modern demand It was. Therefore, by taking advantage of the characteristic of sensing behavior data generated while the user is moving, I thought whether we can authenticate only from acceleration data without using existing personal authentication technology such as face and image authentication.
In this study, the classification of each behavior was verified by existing method, and personal identification accuracy was derived for each behavior class.
キーワード (和) 人間行動 / 個人認証 / パターン認識 / / / / /  
(英) Human Activity Recognitioon / Personal Authentication / Pattern Recognition / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 210, PRMU2017-57, pp. 159-160, 2017年9月.
資料番号 PRMU2017-57 
発行日 2017-09-08 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IBISML IPSJ-CVIM  
開催期間 2017-09-15 - 2017-09-16 
開催地(和) 東京大学 本郷キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) パターン認識・機械学習基盤技術および深層学習によるメディア生成・変換・認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-09-PRMU-IBISML-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人間行動の認識を用いた人物識別の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on Person Recognition from Human Activity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人間行動 / Human Activity Recognitioon  
キーワード(2)(和/英) 個人認証 / Personal Authentication  
キーワード(3)(和/英) パターン認識 / Pattern Recognition  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 貴之 / Takayuki Yoshida / ヨシダ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 岩手県立大学大学院 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefecture University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) チャクラボルティ バサビ / Basabi Chakraborty / チャクラボルティ バサビ
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学大学院 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefecture University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-16 11:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2017-57,IEICE-IBISML2017-29 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.210(PRMU), no.211(IBISML) 
ページ範囲 pp.159-160 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-PRMU-2017-09-08,IEICE-IBISML-2017-09-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会