電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-15 14:00
ラベル伝播を用いた区画線の擦れ検出手法の提案
岸本康成飯田恭弘岩村相哲NTT)・河野 慎米澤拓郎中澤 仁徳田英幸慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 摩耗や損傷により発生する路面標示の擦れの点検は,街を走行する車上からの目視により行われている.しかし,大規模な道路の点検をすべて人による目視で行うのは非常にコストのかかる作業である.そこで本研究では,路面画像から低コストに擦れ有無を検出する手法を提案する.具体的には,路面標示の1つである区画線に着目し,車上から路面を撮像した路面画像を大量に収集する.次に,路面画像をノードとし,それら路面画像どうしの類似性をエッジとしたグラフを構築する.さらに,このうちごく一部のノードについては,視認により判定した擦れ有無をラベルとして付与する.ここからラベル伝播を実行することで,全ての路面画像の擦れ有無を推定する.これにより,全体のわずか1.8%の路面画像の擦れ有無が分かっていれば,全ての路面画像の擦れ有無を85%を超える正解率で推定できることを確認した. 
(英) Road marking inspection has been carried out by visual observation from the vehicle. However, visual inspection of large-scale road network by management staffs is high-cost. Therefore, in this study, we propose a method of detecting damage from the road images in low-cost. In our study, we picked up lane markings as a road marking and collects a number of images that shoot the road surfaces. Then, we dealt with those road images as a graph consisted of image as a node and similarity between images as an edge. In a few nodes, we put labels which denote “damaged” or “not damaged.” Finally we execute label propagation, all labels of nodes are estimated.Thus we got the estimation results with the accuracy rate over 85% from only 1.8% of already known correct labels.
キーワード (和) 路面標示 / 区画線 / 擦れ検出 / グラフ構築 / ラベル伝播 / / /  
(英) road marking / lane marking / damage detection / graph construction / label propagation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 210, PRMU2017-51, pp. 97-102, 2017年9月.
資料番号 PRMU2017-51 
発行日 2017-09-08 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IBISML IPSJ-CVIM  
開催期間 2017-09-15 - 2017-09-16 
開催地(和) 東京大学 本郷キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) パターン認識・機械学習基盤技術および深層学習によるメディア生成・変換・認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-09-PRMU-IBISML-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラベル伝播を用いた区画線の擦れ検出手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of a method to detect damaged lane markings based on label propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 路面標示 / road marking  
キーワード(2)(和/英) 区画線 / lane marking  
キーワード(3)(和/英) 擦れ検出 / damage detection  
キーワード(4)(和/英) グラフ構築 / graph construction  
キーワード(5)(和/英) ラベル伝播 / label propagation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸本 康成 / Yasunari Kishimoto / ヤスナリ キシモト
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 恭弘 / Yasuhiro Iida / ヤスヒロ イイダ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩村 相哲 / Sotetsu Iwamura / ソウテツ イワムラ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 慎 / Makoto Kawano / マコト カワノ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 米澤 拓郎 / Takuro Yonezawa / タクロウ ヨネザワ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 仁 / Jin Nakazawa / ジン ナカザワ
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 英幸 / Hideyuki Tokuda / ヒデユキ トクダ
第7著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-15 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2017-51,IEICE-IBISML2017-23 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.210(PRMU), no.211(IBISML) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2017-09-08,IEICE-IBISML-2017-09-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会