電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-08 11:15
産業用ネットワークにおける低遅延通信フローの経路探索手法
久保見 慎末廣 雄松下竜真堀田善文川手竜介三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークの大容量化、経済化の観点から、自動車、列車、工場などの産業用ネットワークへのイーサネットの適用が進んでいる。しかし、これらのネットワークのイーサネット化により、従来異なるネットワークで転送されていた遅延要求の異なる通信フローが一つのネットワークに多重され、フレーム同士の衝突が発生し、低遅延フローの遅延要求を満たせない場合がある。低遅延転送技術であるIET(Interspersing Express Traffic, IEEE 802.3br)により、高優先フレームが一般フレームと衝突した場合にその遅延を最小限に抑えることができるが、高優先フレーム同士の衝突による遅延の発生を回避することはできない。
本稿では、IETを適用する前提で、高優先フレーム同士の衝突が発生した場合においても、すべての通信フローが各々の遅延要求を満たす経路を算出するための制約充足問題を定式化した。さらにその制約充足問題を解く探索アルゴリズムの性能評価をシミュレーションにより実施し、全探索アルゴリズムと比較して、制約違反最少化ヒューリスティックと呼ばれる近似アルゴリズムが最大で約26%高い解発見率を示すことがわかった。 
(英) Ethernet has been applied to industrial in-vehicle, train and factory networks due to its high capacity and cost effectiveness. Since these networks are integrated to Ethernet, communication flows with different delay requirements will be multiplexed and transmitted. As a result, frames may collide with each other and delay requirements may not be satisfied. By applying Interspersing Express Traffic (IET), the delay induced by collision between a high-priority frame and a low-priority frame can be minimized, however the delay induced by collision between high-priority frames cannot. In this paper we formulated a constraint satisfaction problem (CSP), on the premise that IET will be applied, to compute paths that satisfy delay requirements of all communication flows, even if high-priority frames had the delay due to the collision. Furthermore, we evaluated the performance of existing search algorithms for the CSP by network simulation. As a result, min-conflicts heuristic has a 26% higher detection rate of a solution involving CSP at its maximum when compared to full search algorithms.
キーワード (和) Interspersing Express Traffic / Time Sensitive Network / 経路探索 / 制約充足問題 / / / /  
(英) Interspersing Express Traffic / Time Sensitive Network / Path Determining / Constraint Satisfaction Problem / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 204, NS2017-83, pp. 73-78, 2017年9月.
資料番号 NS2017-83 
発行日 2017-08-31 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS NS IN NV  
開催期間 2017-09-07 - 2017-09-08 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku Univ. 
テーマ(和) ポストIPネットワーキング、次世代・新世代ネットワーク(NGN) 、ネットワークコーディング、セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、ネットワーク構成管理及び一般 
テーマ(英) Post IP networking, Next Generation Network (NGN)/New Generation Network (NWGN), Contingency Plan/BCP, Network Coding/Network Algorithms, Session Management (SIP/IMS), Internetworking/Standardization, Network configuration, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-09-CS-NS-IN-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 産業用ネットワークにおける低遅延通信フローの経路探索手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method for determining paths of low delay communication flows in industrial networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Interspersing Express Traffic / Interspersing Express Traffic  
キーワード(2)(和/英) Time Sensitive Network / Time Sensitive Network  
キーワード(3)(和/英) 経路探索 / Path Determining  
キーワード(4)(和/英) 制約充足問題 / Constraint Satisfaction Problem  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保見 慎 / Makoto Kubomi / クボミ マコト
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 末廣 雄 / Takeshi Suehiro / スエヒロ タケシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 竜真 / Ryuma Matsushita / マツシタ リュウマ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 善文 / Yoshifumi Hotta / ホッタ ヨシフミ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川手 竜介 / Ryusuke Kawate / カワテ リュウスケ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-08 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-83 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-08-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会