電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-01 15:25
共振型APDを用いた高感度100Gbit/s ROSA開発
佐藤義也白尾瑞基三田大介大畠伸夫竹村亮太畑 端佳野上正道三菱電機(株)エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2017-35 CPM2017-56 OPE2017-65 LQE2017-38
抄録 (和) 共振型APDを用いて, QSFPに搭載可能な小型4波長集積100Gbit/s ROSAを開発した. 共振型APDの受光感度の波長依存性の影響を抑制するため, APD入射角を変えることによる受光感度スペクトルの制御を提案し, 実証した. これを踏まえて集積APD ROSAを作製し, 受光感度0.64A/Wが得られた. この結果, FEC適用を前提としたFECリミットのBER = 10−6において全チャネル−21.8 dBm以下の最小受信感度を確認し, 標準仕様であるITU-T G.959.1 4L1-9D1Fを満足する良好な受信特性が得られた. 
(英) We developed a QSFP compatible, high sensitivity 100 Gbit/s ROSA using resonant cavity APDs. In order to suppress the wavelength dependence of its responsivity, we proposed and demonstrated the spectral responsivity control by changing the incident angle to the APD. Then, we fabricated an integrated APD ROSA, which has a responsivity of 0.64 A/W. We confirmed the minimum receiving sensitivity of all channels less than −21.8 dBm at FEC limit BER = 10−6 on the premise of FEC application, and good reception characteristics satisfying the standard specification ITU-T G.959.1 4L1-9D1F were obtained.
キーワード (和) 100G / APD / ROSA / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 195, LQE2017-38, pp. 77-80, 2017年8月.
資料番号 LQE2017-38 
発行日 2017-08-24 (R, EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 R EMD CPM LQE OPE  
開催期間 2017-08-31 - 2017-09-01 
開催地(和) 弘前文化センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 光部品・電子デバイス実装・信頼性、一般(OECC報告) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2017-08-R-EMD-CPM-LQE-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共振型APDを用いた高感度100Gbit/s ROSA開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High sensitivity 100Gbit/s ROSA using resonant cavity APD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 100G /  
キーワード(2)(和/英) APD /  
キーワード(3)(和/英) ROSA /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 義也 / Yoshiya Sato / サトウ ヨシヤ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機(株))
Mitsubishi Electric corporation (略称: Mitsubishi Electric corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白尾 瑞基 / Mizuki Shirao / シラオ ミズキ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機(株))
Mitsubishi Electric corporation (略称: Mitsubishi Electric corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三田 大介 / Daisuke Mita / ミタ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機(株))
Mitsubishi Electric corporation (略称: Mitsubishi Electric corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大畠 伸夫 / Nobuo Ohata / オオハタ ノブオ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機(株))
Mitsubishi Electric corporation (略称: Mitsubishi Electric corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 亮太 / Ryota Takemura / タケムラ リョウタ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機(株))
Mitsubishi Electric corporation (略称: Mitsubishi Electric corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑 端佳 / Tadayoshi Hata / ハタ タダヨシ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機(株))
Mitsubishi Electric corporation (略称: Mitsubishi Electric corp.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 野上 正道 / Masamichi Nogami / ノガミ マサミチ
第7著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機(株))
Mitsubishi Electric corporation (略称: Mitsubishi Electric corp.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-01 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-R2017-41,IEICE-EMD2017-35,IEICE-CPM2017-56,IEICE-OPE2017-65,IEICE-LQE2017-38 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.191(R), no.192(EMD), no.193(CPM), no.194(OPE), no.195(LQE) 
ページ範囲 pp.77-80 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-R-2017-08-24,IEICE-EMD-2017-08-24,IEICE-CPM-2017-08-24,IEICE-OPE-2017-08-24,IEICE-LQE-2017-08-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会