電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-01 15:00
400G超コヒーレント伝送システムの実現に向けたInP系90°ハイブリッド集積型受光素子の広帯域・高感度動作
沖本拓也住友電工デバイス・イノベーション)・八木英樹住友電工)・増山竜二櫻井謙司西本頼史堀野和彦渡邊孝幸住友電工デバイス・イノベーション)・江川 満住友電工)・米田昌博住友電工デバイス・イノベーションエレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2017-34 CPM2017-55 OPE2017-64 LQE2017-37
抄録 (和) 400 Gbpsを超える大容量コヒーレント伝送システムの実現に向けては,コヒーレントレシーバに搭載する受光素子において, 64 GBaud動作に向けた広帯域化と, 小型・低消費電力トランシーバへの適用に向けた高受光感度との両立が求められている.我々は,バットジョイント再成長により90°ハイブリッドとp-i-n PDアレイをモノリシックに集積した受光素子において,低濃度n-InPバッファ層($N_{D} < 1×10^{17} cm^{-3}$)を導入することで,46 GHz以上の3 dB帯域と,Cバンド全域で0.130 A/W以上の受光感度を達成した.また, 本集積素子を搭載した64 GBaud向け小型コヒーレントレシーバにおいて, 40 GHz以上の広帯域動作とCバンド全域で0.070 A/W以上の高受光感度を実現した. 
(英) In order to realize over 400 Gbps coherent transmission systems, wide bandwidth and high responsivity operation of integrated photodetectors for 64 GBaud compact coherent receivers are required. By adopting low doped n-InP buffer layer ($N_{D} < 1×10^{17} cm^{-3}$), we demonstrated a wide 3 dB bandwidth of more than 46 GHz under high optical input power condition and a high responsivity of more than 0.130 A/W over the C-band in the InP-based photodetector monolithically integrated with the 90° hybrid through the butt-joint regrowth process. 64 GBaud compact coherent receivers were also realized by using this monolithically integrated photodetector, and wide bandwidth operation of more than 40 GHz and a responsivity of higher than 0.070 A/W over C-band were obtained in this receiver module.
キーワード (和) コヒーレント伝送 / InP / 90°ハイブリッド / p-i-n PD / バットジョイント再成長 / / /  
(英) Coherent transmission / InP / 90° hybrid / p-i-n PD / Butt-joint regrowth / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 195, LQE2017-37, pp. 73-76, 2017年8月.
資料番号 LQE2017-37 
発行日 2017-08-24 (R, EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 R EMD CPM LQE OPE  
開催期間 2017-08-31 - 2017-09-01 
開催地(和) 弘前文化センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 光部品・電子デバイス実装・信頼性、一般(OECC報告) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2017-08-R-EMD-CPM-LQE-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 400G超コヒーレント伝送システムの実現に向けたInP系90°ハイブリッド集積型受光素子の広帯域・高感度動作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wide Bandwidth and High Responsivity Operation of InP-based Photodetector Monolithically Integrated with 90° Hybrid to Realize Over 400 Gbps Coherent Transmission Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コヒーレント伝送 / Coherent transmission  
キーワード(2)(和/英) InP / InP  
キーワード(3)(和/英) 90°ハイブリッド / 90° hybrid  
キーワード(4)(和/英) p-i-n PD / p-i-n PD  
キーワード(5)(和/英) バットジョイント再成長 / Butt-joint regrowth  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 沖本 拓也 / Takuya Okimoto / オキモト タクヤ
第1著者 所属(和/英) 住友電工デバイス・イノベーション株式会社 (略称: 住友電工デバイス・イノベーション)
Sumitomo Electric Device Innovations, Inc. (略称: SEDI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 英樹 / Hideki Yagi / ヤギ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: SEI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 増山 竜二 / Ryuji Masuyama / マスヤマ リュウジ
第3著者 所属(和/英) 住友電工デバイス・イノベーション株式会社 (略称: 住友電工デバイス・イノベーション)
Sumitomo Electric Device Innovations, Inc. (略称: SEDI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 謙司 / Kenji Sakurai / サクライ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 住友電工デバイス・イノベーション株式会社 (略称: 住友電工デバイス・イノベーション)
Sumitomo Electric Device Innovations, Inc. (略称: SEDI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西本 頼史 / Yoshifumi Nishimoto / ニシモト ヨシフミ
第5著者 所属(和/英) 住友電工デバイス・イノベーション株式会社 (略称: 住友電工デバイス・イノベーション)
Sumitomo Electric Device Innovations, Inc. (略称: SEDI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀野 和彦 / Kazuhiko Horino / ホリノ カズヒコ
第6著者 所属(和/英) 住友電工デバイス・イノベーション株式会社 (略称: 住友電工デバイス・イノベーション)
Sumitomo Electric Device Innovations, Inc. (略称: SEDI)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 孝幸 / Takayuki Watanabe / ワタナベ タカユキ
第7著者 所属(和/英) 住友電工デバイス・イノベーション株式会社 (略称: 住友電工デバイス・イノベーション)
Sumitomo Electric Device Innovations, Inc. (略称: SEDI)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 江川 満 / Mitsuru Ekawa / エカワ ミツル
第8著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, Ltd. (略称: SEI)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 昌博 / Yoshihiro Yoneda / ヨネダ ヨシヒロ
第9著者 所属(和/英) 住友電工デバイス・イノベーション株式会社 (略称: 住友電工デバイス・イノベーション)
Sumitomo Electric Device Innovations, Inc. (略称: SEDI)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-01 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-R2017-40,IEICE-EMD2017-34,IEICE-CPM2017-55,IEICE-OPE2017-64,IEICE-LQE2017-37 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.191(R), no.192(EMD), no.193(CPM), no.194(OPE), no.195(LQE) 
ページ範囲 pp.73-76 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-R-2017-08-24,IEICE-EMD-2017-08-24,IEICE-CPM-2017-08-24,IEICE-OPE-2017-08-24,IEICE-LQE-2017-08-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会