電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-31 16:15
結合量子井戸構造を用いた室温動作量子カスケード検出器
道垣内龍男藤田和上廣畑 徹伊藤昭生日高正洋枝村忠孝浜松ホトニクスエレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2017-24 CPM2017-45 OPE2017-54 LQE2017-27
抄録 (和) 室温動作可能な5μm帯量子カスケード検出器の設計と動作特性について報告する. 設計した結合量子井戸構造では順方向の電流成分が再緩和による逆方向の電流成分の5倍と見積もられており, 45°に研磨した基板からの光入射において室温で感度7 mA/W, 比検出能2.5×10^7 cmW^-1Hz^1/2が得られた. さらに量子カスケード検出器に導波路構造を導入し, 劈開面からの光入射を行うことで室温での感度を40 mA/W, 比検出能を3.5×10^7 cmW^-1Hz^1/2まで高めることに成功した. また, 非冷却の量子カスケード検出器と分布帰還型の量子カスケードレーザを用いて行ったN2Oに対するレーザ吸収分光の結果から, 量子カスケード検出器の実用性の高さが示された. 
(英) High photoresponse in a room temperature quantum cascade detector (QCD) based on a coupled quantum well design is reported with a peak detection wavelength of 5.4 μm. In this design, forward electron transfer is engineered to be five times as large as relaxation back to the ground level. In this situation, the coupled quantum well QCD indicates a responsivity of 7 mA/W as well as a specified detectivity (D*) of 2.5×10^7 cmW^-1Hz^1/2, both at room temperature with commonly used 45˚ wedge configuration. Applying a waveguide configuration for the proposed QCD, an elevated responsivity of ~40 mA/W with a D* of 3.5×10^7 cmW^-1Hz^1/2 was obtained at room temperature. A laser absorption spectroscopy for N2O gas with proposed QCD and a distributed feedback quantum cascade laser has been also demonstrated.
キーワード (和) 量子カスケード検出器 / 中赤外 / 結合量子井戸 / 室温動作 / 導波路 / レーザ吸収分光 / /  
(英) Quantum cascade detector / Mid-infrared / Coupled quantum well / Room temperature operation / Waveguide configuration / Laser absorption spectroscopy / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 195, LQE2017-27, pp. 31-36, 2017年8月.
資料番号 LQE2017-27 
発行日 2017-08-24 (R, EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 R EMD CPM LQE OPE  
開催期間 2017-08-31 - 2017-09-01 
開催地(和) 弘前文化センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 光部品・電子デバイス実装・信頼性、一般(OECC報告) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2017-08-R-EMD-CPM-LQE-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 結合量子井戸構造を用いた室温動作量子カスケード検出器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Room temperature quantum cascade detector based on coupled quantum well design 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子カスケード検出器 / Quantum cascade detector  
キーワード(2)(和/英) 中赤外 / Mid-infrared  
キーワード(3)(和/英) 結合量子井戸 / Coupled quantum well  
キーワード(4)(和/英) 室温動作 / Room temperature operation  
キーワード(5)(和/英) 導波路 / Waveguide configuration  
キーワード(6)(和/英) レーザ吸収分光 / Laser absorption spectroscopy  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 道垣内 龍男 / Tatsuo Dougakiuchi / ドウガキウチ タツオ
第1著者 所属(和/英) 浜松ホトニクス株式会社 (略称: 浜松ホトニクス)
Hamamatsu Photonics K. K. (略称: Hamamatsu Photonics)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 和上 / Kazuue Fujita / フジタ カズウエ
第2著者 所属(和/英) 浜松ホトニクス株式会社 (略称: 浜松ホトニクス)
Hamamatsu Photonics K. K. (略称: Hamamatsu Photonics)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣畑 徹 / Toru Hirohata / ヒロハタ トオル
第3著者 所属(和/英) 浜松ホトニクス株式会社 (略称: 浜松ホトニクス)
Hamamatsu Photonics K. K. (略称: Hamamatsu Photonics)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 昭生 / Akio Ito / イトウ アキオ
第4著者 所属(和/英) 浜松ホトニクス株式会社 (略称: 浜松ホトニクス)
Hamamatsu Photonics K. K. (略称: Hamamatsu Photonics)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 日高 正洋 / Masahiro Hitaka / ヒタカ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 浜松ホトニクス株式会社 (略称: 浜松ホトニクス)
Hamamatsu Photonics K. K. (略称: Hamamatsu Photonics)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 枝村 忠孝 / Tadataka Edamura / エダムラ タダタカ
第6著者 所属(和/英) 浜松ホトニクス株式会社 (略称: 浜松ホトニクス)
Hamamatsu Photonics K. K. (略称: Hamamatsu Photonics)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-31 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-R2017-30,IEICE-EMD2017-24,IEICE-CPM2017-45,IEICE-OPE2017-54,IEICE-LQE2017-27 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.191(R), no.192(EMD), no.193(CPM), no.194(OPE), no.195(LQE) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2017-08-24,IEICE-EMD-2017-08-24,IEICE-CPM-2017-08-24,IEICE-OPE-2017-08-24,IEICE-LQE-2017-08-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会