電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-31 15:25
F-SASセンサの嚥下障害測定への適用
三田地成幸雲藤有貴佐野貴弘惟村拓郎東京工科大)・土師知行県立広島大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2017-22 CPM2017-43 OPE2017-52 LQE2017-25
抄録 (和) 我々は呼吸による側圧変化を、マイクロベンディングロスを利用し、信号光変化として捉える光ファ イバを用いた睡眠時無呼吸センサ(F-SAS センサ)を開発している。耳内嚥下音と F-SAS センサシステムを同時記録 できれば,嚥下障害のスクリーニングや嚥下運動の解析に有用であると考え、嚥下運動と耳内のクリック音の同時 測定を行った。新たに作製した 1ch 式及び 2ch 式ファイバシートを含め、8 種類の嚥下用光ファイバシートを比較 し、感度評価を行った。また今回は、通常の連続空嚥下に加え、水の連続嚥下、水の嚥下からのメンデルゾーン、 咀嚼から嚥下に移る際のデータも取得した。 
(英) We are developing a sleep apnea syndrome sensor (F-SAS sensor) using optical fiber that captures side pressure changes due to respiration as a change in signal light using micro bending loss. We believe that if we can simultaneously record intra-aural swallowing sound and F-SAS sensor system, it is useful for screening of swallowing disorder and analysis of swallowing movement, and simultaneous measurement of swallowing movement and intra-aural click sound. Eight kinds of swallowing optical fiber sheets including 1ch and 2ch fiber sheets newly prepared were compared and the sensitivity was evaluated. In addition to ordinary repetitive saliva swallowing, this time we also got data on repetitive swallowing of water, Mendelson swallowing maneuver, and data from chewing to swallowing.
キーワード (和) F-SAS セン / 嚥下障害 / 嚥下用光ファイバシート / / / / /  
(英) F-SAS sensor / Dysphagia / Optical fiber sheet for dysphagia / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 194, OPE2017-52, pp. 21-26, 2017年8月.
資料番号 OPE2017-52 
発行日 2017-08-24 (R, EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 R EMD CPM LQE OPE  
開催期間 2017-08-31 - 2017-09-01 
開催地(和) 弘前文化センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 光部品・電子デバイス実装・信頼性、一般(OECC報告) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2017-08-R-EMD-CPM-LQE-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) F-SASセンサの嚥下障害測定への適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of F-SAS Sensor to Dysphagia Measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) F-SAS セン / F-SAS sensor  
キーワード(2)(和/英) 嚥下障害 / Dysphagia  
キーワード(3)(和/英) 嚥下用光ファイバシート / Optical fiber sheet for dysphagia  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三田地 成幸 / Seiko Mitachi / ミタチ セイコウ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 雲藤 有貴 / Yuki Undo / ウンドウ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 貴弘 / Takahiro Sano / サノ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 惟村 拓郎 / Takuro Koremura / コレムラ タクロウ
第4著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 土師 知行 / Tomoyuki Haji / ハジ トモユキ
第5著者 所属(和/英) 広島県立大学 (略称: 県立広島大)
Prefectural University of Hiroshima (略称: Pref. Univ. of Hiroshima)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-31 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-R2017-28,IEICE-EMD2017-22,IEICE-CPM2017-43,IEICE-OPE2017-52,IEICE-LQE2017-25 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.191(R), no.192(EMD), no.193(CPM), no.194(OPE), no.195(LQE) 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2017-08-24,IEICE-EMD-2017-08-24,IEICE-CPM-2017-08-24,IEICE-OPE-2017-08-24,IEICE-LQE-2017-08-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会