電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-29 09:55
Emergency Packet Transport Network Planning Scheme for Disaster Recovery with Multi-Carrier Interconnection
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI Research, Inc.)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI Research, Inc.)・Hiroaki HaraiYoshinari AwajiNaoya WadaNICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) In this report, we introduce an indirect approach for enabling multi-carrier interconnection in disaster recovery. A common emergency packet transport network is efficiently constructed and shared by network carriers and a third-party organization. We propose a planning scheme for the construction of this emergency packet transport network. In particular, to eliminate worry of confidential information leakage, the planning problem is decomposed into seven different tasks, and is distributed to individual carriers and the third-party organization. The planning tasks undertaken by the third-party organization is merely based on the incomplete and disclosable information from the viewpoint of carriers. Simulations results reveal that our proposal can lead to significant cost-saving in network recovery with multi-carrier interconnection. 
(英) In this report, we introduce an indirect approach for enabling multi-carrier interconnection in disaster recovery. A common emergency packet transport network is efficiently constructed and shared by network carriers and a third-party organization. We propose a planning scheme for the construction of this emergency packet transport network. In particular, to eliminate worry of confidential information leakage, the planning problem is decomposed into seven different tasks, and is distributed to individual carriers and the third-party organization. The planning tasks undertaken by the third-party organization is merely based on the incomplete and disclosable information from the viewpoint of carriers. Simulations results reveal that our proposal can lead to significant cost-saving in network recovery with multi-carrier interconnection.
キーワード (和) Disaster recovery / Optical network / Packet transport network / Emergency / Multi-carrier interconnection / / /  
(英) Disaster recovery / Optical network / Packet transport network / Emergency / Multi-carrier interconnection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 186, PN2017-21, pp. 39-46, 2017年8月.
資料番号 PN2017-21 
発行日 2017-08-21 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2017-08-28 - 2017-08-29 
開催地(和) 洞爺観光ホテル 
開催地(英) Toya Kanko Hotel 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術、一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2017-08-PN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Emergency Packet Transport Network Planning Scheme for Disaster Recovery with Multi-Carrier Interconnection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Disaster recovery / Disaster recovery  
キーワード(2)(和/英) Optical network / Optical network  
キーワード(3)(和/英) Packet transport network / Packet transport network  
キーワード(4)(和/英) Emergency / Emergency  
キーワード(5)(和/英) Multi-carrier interconnection / Multi-carrier interconnection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徐 蘇鋼 / Sugang Xu / ジョ ソコウ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉兼 昇 / Noboru Yoshikane / ヨシカネ ノボル
第2著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白岩 雅輝 / Masaki Shiraiwa / シライワ マサキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 釣谷 剛宏 / Takehiro Tsuritani / ツリタニ タケヒロ
第4著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原井 洋明 / Hiroaki Harai / ハライ ヒロアキ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 淡路 祥成 / Yoshinari Awaji / アワジ ヨシナリ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 尚也 / Naoya Wada / ワダ ナオヤ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-29 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2017-21 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.186 
ページ範囲 pp.39-46 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-PN-2017-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会