電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-28 14:10
大規模 CCN ネットワークにおける平均コンテンツ配送遅延の近似解析
中村 遼大崎博之関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、大規模 CCN (Content-Centric Networking) ネットワークを対象とし、単一のリポジトリと多数のエンティティによって構成されるコンテンツ配信ツリーにおける、各ルータのキャッシュヒット率と、各エンティティの平均コンテンツ配送遅延およびネットワーク全体の平均コンテンツ配送遅延を導出する。これまで、一般的なネットワークトポロジを対象とした CCN の性能解析が行われており、これらの性能解析は小規模な CCN ネットワークの特性を分析するためには有効である。しかし、解析に要する計算量がネットワークの規模やコンテンツ数に応じて増大するため、既存の解析手法を大規模 CCN ネットワークの分析に用いることは容易ではない。そこで本稿では、大規模 CCN ネットワークにおける、各ルータのキャッシュヒット率および各エンティティの平均コンテンツ配送遅延を近似的に導出する。さらに、いくつかの数値例により、コンテンツ配信ツリーの構造や規模と、ルータのコンテンツストアサイズが、ネットワーク全体の平均コンテンツ配信遅延に与える影響を調査する。その結果、ルータのコンテンツストアサイズがある程度大きければ、CCN ネットワークが大規模化したとしても、ネットワーク全体の平均コンテンツ配送遅延の増大が抑えられることなどがわかった。 
(英) In this paper, we consider large-scale CCN (Content-Centric Networking) networks and derive the cache hit probability at each router, the average content delivery delay for each entity, and the average content delivery delay for the entire network over a content distribution tree which comprised of a single repository (i.e., storage servers) and multiple entities (i.e., content consumers). In the literature, several performance analyses of CCN in a general network topology have been performed. Those performance analyses are effective for analyzing characteristics of small-scale CCN networks. However, it is not easy to utilize those existing performance analyses for analyzing large-scale CCN networks since the amount of computation required for those analysis increases according to both of the network size and the number of contents. Therefore, in this paper, we approximately derive the cache hit probability in each router and the average content delivery delay for each entity in large-scale CCN networks. Through several numerical examples, we investigate the effect of the structure and the size of a content distribution tree and the content store size at a router on the average content delivery delay for the entire network. Our findings include that when the content store size at every router is sufficiently large, even if a CCN network becomes large, growth of the average content delivery delay for the entire network can be suppressed.
キーワード (和) CCN (Content-Centric Networking) / キャッシュネットワーク / ネットワークトポロジ / 平均コンテンツ配送遅延 / キャッシュヒット率 / / /  
(英) CCN (Content-Centric Networking) / Cache Network / Network Topology / Average Content Delivery Delay / Cache Hit Probability / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 187, IA2017-14, pp. 13-18, 2017年8月.
資料番号 IA2017-14 
発行日 2017-08-21 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2017-08-28 - 2017-08-28 
開催地(和) IIJセミナールーム 
開催地(英) IIJ Seminar Room 
テーマ(和) インターネット運用・管理、一般 (JANOG協催) 
テーマ(英) Internet Operation and Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2017-08-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模 CCN ネットワークにおける平均コンテンツ配送遅延の近似解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Approximate Analysis of Average Content Delivery Delay in Large-Scale CCN Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CCN (Content-Centric Networking) / CCN (Content-Centric Networking)  
キーワード(2)(和/英) キャッシュネットワーク / Cache Network  
キーワード(3)(和/英) ネットワークトポロジ / Network Topology  
キーワード(4)(和/英) 平均コンテンツ配送遅延 / Average Content Delivery Delay  
キーワード(5)(和/英) キャッシュヒット率 / Cache Hit Probability  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 遼 / Ryo Nakamura / ナカムラ リョウ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大崎 博之 / Hiroyuki Ohsaki / オオサキ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-28 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2017-14 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.187 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2017-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会