電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-28 15:10
[特別招待講演]QoEに基づくネットワーク設計・制御に関する検討
松田崇弘阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) QoE(Quality of Experience)は,通信サービスに対するユーザの体感や満足度を表し,第5 世代移動通信システム等,次世代通信システムにおける通信品質として注目を集めている. 本稿ではQoE の主観品質評価,客観品質評価手法について簡単に紹介し,客観品質評価に基づくネットワーク設計・制御の性質をシミュレーション実験を用いて考察する.次に,様々な環境でQoE に基づきネットワークを効率的に構築するための技術的な課題について議論する. 
(英) QoE (Quality of Experience) is a metric that depends on users’ experience or satisfaction with communication services and has attracted a lot of attention in future communication systems such as fifth generation (5G) mobile networks. In this article, we briefly introduce subjective quality and objective quality assessment methods for QoE, and consider network design and control based on the objective assessment methods by evaluating the performance of a simple simulation scenario. We then discuss technical issues in order to design and control networks efficiently in various environments.
キーワード (和) 通信品質 / QoE / 主観品質評価 / 客観品質評価 / ネットワーク設計 / ネットワーク制御 / /  
(英) Communication Quality / QoE / Subjective Quality Assessment / Objective Quality Assessment / Network Design / Network Control / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 185, CQ2017-56, pp. 31-36, 2017年8月.
資料番号 CQ2017-56 
発行日 2017-08-21 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2017-08-28 - 2017-08-29 
開催地(和) 東京理科大学 
開催地(英) Tokyo University of Science 
テーマ(和) 無線通信のQoS・QoE,無線リソース割当,クロスレイヤ技術,無線サービスの品質,無線伝送品質,M2M・IoT・無線センサーネットワーク,無線LAN,アドホックネットワーク,クラウド無線アクセスネットワーク,一般 
テーマ(英) QoS and QoE in Wireless Communication, Wireless Resource Allocation, Cross-Layer Techniques, Quality of Wireless Services, Wireless Transmission Quality, M2M/IoT/Wireless Sensor Network, Wireless LAN, Adhoc Network, Cloud Wireless Access Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2017-08-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QoEに基づくネットワーク設計・制御に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Network Design and Control Based on Quality of Experience 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信品質 / Communication Quality  
キーワード(2)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(3)(和/英) 主観品質評価 / Subjective Quality Assessment  
キーワード(4)(和/英) 客観品質評価 / Objective Quality Assessment  
キーワード(5)(和/英) ネットワーク設計 / Network Design  
キーワード(6)(和/英) ネットワーク制御 / Network Control  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 崇弘 / Takahiro Matsuda /
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-28 15:10:00 
発表時間 50 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2017-56 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.185 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2017-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会