電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-28 11:05
高信頼化Grouped Routingネットワーク
長谷川 浩森 洋二郎佐藤健一名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では複数の光パスを束ねてルーティングするGrouped Routingネットワークの高信頼化手法を比較する。このルーティング手法により、光パスがROADM/OXCノードを経由する毎に、ノード構成要素である波長選択スイッチで受ける帯域狭窄化の影響を抑制可能であり、周波数領域での高密度な光パス配置が可能である。一方、束ねてルーティングすることで一般にルーティング性能は劣化するため、実用上必須となる信頼性を得るためのパスプロテクションを前提としたとき、現用・予備光パスの独立性を担保しながらネットワークを効率的に設計することが重要となる。2つの高信頼化Grouped Routingネットワークアーキテクチャを取り上げ、それぞれについて予備光パスに独立の資源を割り当てる場合、互いに共有させる場合についてのネットワーク設計に関する制約を述べる。予備光パス間で資源を共有する場合の、ネットワークアーキテクチャ間の比較を通じ、Grouped Routingネットワークの従来型ネットワークに対する優位性を明らかにする。 
(英) Performance comparisons between dedicated/shared path protected coarse granular routing optical networks are presented. The coarse granular routing can mitigate the filter narrowing effect caused by wavelength selective switches in nodes traversed by an optical path. Two different protected coarse granular optical network architectures are introduced. Degradation of routing performance given by the routing scheme and the path protection is compensated by the use of efficient routing algorithms which are developed for these architectures. The superiority of the two coarse granular routing network architectures over conventional networks is verified through numerical experiments where the number of necessary fibers is reduced by ~20%.
キーワード (和) Grouped routing optical networks / プロテクション / ネットワーク設計 / / / / /  
(英) Grouped routing optical networks / Protection / Network design / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 186, PN2017-16, pp. 13-18, 2017年8月.
資料番号 PN2017-16 
発行日 2017-08-21 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2017-08-28 - 2017-08-29 
開催地(和) 洞爺観光ホテル 
開催地(英) Toya Kanko Hotel 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術、一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2017-08-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高信頼化Grouped Routingネットワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Survivable Grouped Routing Optical Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Grouped routing optical networks / Grouped routing optical networks  
キーワード(2)(和/英) プロテクション / Protection  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク設計 / Network design  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 浩 / Hiroshi Hasegawa / ハセガワ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 洋二郎 / Yojiro Mori / モリ ヨウジロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 健一 / Ken-ichi Sato / サトウ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-28 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2017-16 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.186 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2017-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会