お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-25 11:05
広域マルチラテレーションにおける信号検出状況を考慮した測位誤差分布のモデル化
長縄潤一宮崎裕己田嶋裕久電子航法研SANE2017-36
抄録 (和) 広域マルチラテレーション(WAM: Wide Area Multilateration)は従来の二次監視レーダよりも高精度かつ高頻度な航空機位置を提供可能な新しい航空機監視システムである.
これまでWAM導入時における受信局配置設計の手法としては,精度劣化指数に基づく測位精度の予測が用いられてきた.
しかしながら,従来手法は干渉等による信号検出の失敗を考慮しておらず,測位精度の予測は楽観的であった.
そこで,本稿では信号検出状況を考慮した測位誤差分布のモデル化を報告する.
本モデル化では,各受信局の信号検出状況に応じて受信局配置が仮想的に変化するとみなす「確率的配置」という考え方を導入し,測位誤差分布をより正確に予測することが可能となる. 
(英) Wide Area Multilateration (WAM) is a new aeronautical surveillance system that can provide more accurate and frequent aircraft positions than the conventional radars.
In the deployment of the WAM, receiver positions (called a constellation) has been designed by using Dilution of Precision (DOP) which enables predicting the localization accuracy.
However, this conventional approach is too optimistic because of neglecting signal losses due to co-channel interference.
Therefore, this paper presents modeling of localization error distribution incorporating the effect of signal detection performance.
The proposed modeling introduces a concept of stochastic constellation, in which the constellation virtually changes according to the signal detection condition.
As a result, the horizontal position accuracy can be more precisely predicted.
キーワード (和) 航空機監視 / 広域マルチラテレーション / Time Difference Of Arrical (TDOA) / / / / /  
(英) Aeronautical Surveillance / Wide Area Multilateration / Time Difference Of Arrival (TDOA) / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 182, SANE2017-36, pp. 43-48, 2017年8月.
資料番号 SANE2017-36 
発行日 2017-08-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2017-36

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2017-08-24 - 2017-08-25 
開催地(和) 大阪工業大学梅田キャンパス 
開催地(英) OIT UMEDA Campus 
テーマ(和) 航法・交通管制,レーダ,リモートセンシング及び一般 
テーマ(英) Navigation, Trafic control, Radar, Remote Sensing and general issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2017-08-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広域マルチラテレーションにおける信号検出状況を考慮した測位誤差分布のモデル化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modeling Localization Error Distribution in WAM Incorporating Signal Detection Performance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 航空機監視 / Aeronautical Surveillance  
キーワード(2)(和/英) 広域マルチラテレーション / Wide Area Multilateration  
キーワード(3)(和/英) Time Difference Of Arrical (TDOA) / Time Difference Of Arrival (TDOA)  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長縄 潤一 / Junichi Naganawa / ナガナワ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 裕己 / Hiromi Miyazaki / ミヤザキ ヒロミ
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田嶋 裕久 / Hirohisa Tajima / タジマ ヒロヒサ
第3著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-25 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2017-36 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.182 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2017-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会