電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-21 13:25
Unmanned Aerial Vehicleを用いた4.9GHz帯屋外-屋内電波伝搬損失測定
齋藤健太郎ハン キイキラティウォラナン ノッポン高田潤一東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 年々増加する移動通信分野のユーザトラフィックを収容するため,近年では人口の多い都市部等では様々なサイズのサービスセルがエリア設計で用いられている.
エリア設計においては,近接するサービスセルどうしの無線干渉を最小限に抑えながらエリアのカバー率や通信容量を高めるため高密度にセルを配置する事が求められるが,そのためには様々な条件の基地局から到来する電波の伝搬特性を把握する事が必須である.しかし都市部の建物高層階等にいるユーザへの様々な伝搬条件における特性を実際に測定するのは困難であるという問題があった.本稿では,無線機を搭載したUnmanned Aerial Vehicle (UAV)を建物周辺を飛行させ伝搬測定を行う手法を提案する.大学キャンパス内において4.9 GHz帯屋外-屋内伝搬測定を行い,窓正面方向における建物侵入損失がガラス張りのカフェテリアでは5~10dB程度,研究棟では15~20dB程度存在する事を示した.建物侵入損失はUAVが見通し外領域に入った場合急激に増加するが,屋内の床面や壁面からの反射波が受信できる位置関係では侵入損失が小さくなる可能性がある点を示した.得られた知見は将来移動通信システムにおけるサービスセル設計等に活用する事が期待される. 
(英) Recently in the cellular network, the various kinds of service cells are utilized in the urban area to accommodate the users' traffic which is rapidly increasing. Therefore, many radio waves arrive from different kinds of base stations, and it is indispensable to understand those characteristics of propagation waves to realize the efficient service cell planning. However, it is also difficult to conduct the actual radio measurement with a variety of conditions in those environments. In this paper, we propose the radio measurement method by using the Unmanned Aerial Vehicle (UAV) on that the radio equipment is mounted. The path loss measurements were conducted in the university's campus. The results showed that the building entry loss ranged from 5 to 10 dB in the cafeteria while it ranged 15 dB to 20 dB in the research building even in the case of front direction of the window. Although the loss tended to increase in the case that the UAV was in the Non-Line-of-Sight (NLoS) region, the results also showed the possibility that the loss decreased when the UAV was at the position where it received the reflected wave from walls and floor of the room. The results are also expected to be utilized for the service cell planning in the future wireless system.
キーワード (和) 無人航空機 / ドローン / 電波伝搬損失 / 屋外-屋内伝搬環境 / 5GHz帯 / 電波伝搬測定 / /  
(英) Unmanned Aerial Vehicle / Drone / Radio Propagation Loss / Outdoor-to-Indoor Propagation Environment / 5GHz band / Radio Propagation Measurement / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 178, SRW2017-13, pp. 25-30, 2017年8月.
資料番号 SRW2017-13 
発行日 2017-08-14 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2017-08-21 - 2017-08-21 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto University 
テーマ(和) Network,MAC,センサー関連技術,ミリ波通信,一般 
テーマ(英) Network, MAC, Sensor technology, mmWave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2017-08-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Unmanned Aerial Vehicleを用いた4.9GHz帯屋外-屋内電波伝搬損失測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Outdoor-to-Indoor Radio Propagation Loss Measurement by using an Unmanned Aerial Vehicle in 4.9 GHz band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無人航空機 / Unmanned Aerial Vehicle  
キーワード(2)(和/英) ドローン / Drone  
キーワード(3)(和/英) 電波伝搬損失 / Radio Propagation Loss  
キーワード(4)(和/英) 屋外-屋内伝搬環境 / Outdoor-to-Indoor Propagation Environment  
キーワード(5)(和/英) 5GHz帯 / 5GHz band  
キーワード(6)(和/英) 電波伝搬測定 / Radio Propagation Measurement  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 健太郎 / Kentaro Saito / サイトウ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ハン キイ / Qiwei Fan / ハン キイ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) キラティウォラナン ノッポン / Nopphon Keerativoranan / キラティウォラナン ノッポン
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-21 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2017-13 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.178 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2017-08-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会