お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-18 13:50
高SHF帯・広帯域Massive MIMOにおける屋内伝搬実験データを用いたユーザ選択アルゴリズムの性能評価
宮崎寛之・○須山 聡奥山達樹増野 淳奥村幸彦NTTドコモ)・中川兼治中村浄重岡崎彰浩三菱電機RCS2017-166
抄録 (和) 10 Gbps を超える超高速・大容量を実現する第 5 世代移動通信システム(5G)では,広い帯域幅を確保可能な高周波数帯の適用と高伝搬損失を補償しつつ多くのユーザを空間多重可能な Massive MIMO 技術の導入が検討されている.高 SHF 帯 Massive MIMO の実現手法として,固定アナログビームフォーミング(BF)とチャネル情報に基づくデジタルプリコーディングの結合処理(FBCP)が提案されている.また,マルチユーザ環境での伝送特性はユーザ間干渉に大きく依存するため,FBCP において最大スループット基準で複数ユーザから低演算量でユーザを選択するユーザ選択アルゴリズムが提案されている.一方,Massive MIMO の伝送性能はチャネル特性に大きく依存するため,実環境においてアルゴリズムの性能を評価することが必要である.本報告では,固定アナログ BF を模擬したホーンアンテナを用いた 28 GHz 帯屋内伝搬実験により実伝搬チャネルを測定し,本実験により取得した伝搬データを用いた計算機シミュレーションによりユーザ選択アルゴリズムの有効性を明らかにする. 
(英) The 5th generation mobile communication system (5G) will introduce the use of higher frequency band with wider bandwidth and Massive MIMO technology for realizing super high bit rate and higher system capacity of more than 10 Gbps. In high-SHF band Massive MIMO, from the point of view of realization, as a novel method for hybrid beamforming (BF) that combines analog BF with digital precoding, joint processing of fixed analog BF and channel state information (CSI)-based precoding (FBCP) has been proposed. Moreover, transmission performance in multiuser conditions mainly depends on inter-user interference, and thus a low-complexity user selection algorithm that selects users from multiple users on maximum throughput criterion has been also proposed for FBCP. On the other hand, it is important to evaluate the proposed algorithms in the real radio channel, because the Massive MIMO performance highly depends on propagation channel characteristics. In this report, we measure propagation channels by using horn antennas that simulate the fixed analog BF in 28 GHz band indoor propagation experiments, and verify the effectiveness of the proposed user selection algorithm by computer simulations using real propagation channel data.
キーワード (和) 5G / 高 SHF 帯 / Massive MIMO / ハイブリッドビームフォーミング / 伝搬データ / ユーザ選択 / /  
(英) 5G / high SHF bands / Massive MIMO / hybrid beamforming / propagation channel data / user selection / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 175, RCS2017-166, pp. 123-128, 2017年8月.
資料番号 RCS2017-166 
発行日 2017-08-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2017-166

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2017-08-17 - 2017-08-18 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高SHF帯・広帯域Massive MIMOにおける屋内伝搬実験データを用いたユーザ選択アルゴリズムの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of User Selection Algorithm for High-SHF-Band Massive MIMO by Using Real Propagation Channel Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 高 SHF 帯 / high SHF bands  
キーワード(3)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(4)(和/英) ハイブリッドビームフォーミング / hybrid beamforming  
キーワード(5)(和/英) 伝搬データ / propagation channel data  
キーワード(6)(和/英) ユーザ選択 / user selection  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 寛之 / Hiroyuki Miyazaki / ミヤザキ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 達樹 / Tatsuki Okuyama / オクヤマ タツキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino / マシノ ジュン
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 兼治 / Kenji Nakagawa / ナカガワ ケンジ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 浄重 / Kiyoshige Nakamura / ナカムラ キヨシゲ
第7著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 彰浩 / Akihiro Okazaki / オカザキ アキヒロ
第8著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-18 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-166 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.175 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-08-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会