お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-18 15:20
[奨励講演]多値変調16QAMにおける秘匿化通信方式
鈴木健治NICT)・山地光久大竹正信山口雄一米田誠良NECスペーステクノロジー)・豊嶋守生NICTSAT2017-35
抄録 (和) 衛星通信におけるセキュリティ確保のため,QPSK変調方式で送信者と受信者のみが知り得る位相回転量を与えることにより,第三者が受信しても復調再生ができない方式を提案してきた.これは誤制御耐性・耐傍受性が優れた方式で,衛星の制御系通信のみならず衛星通信サービス利用も期待できる.そこで伝送容量を上げるため多値変調16QAMにも適応可能か検討・設計・評価したのでその結果について述べる. 
(英) We have proposed the novel method for secure security in a satellite communication. A third person can not to demodulate and reproduce data when receives QPSK modulation signal. Because the signal giving the phase rotation angles that is only known by the authorized a transmitting station side and a receiving station side. It's difficult to be intercepted, it's also expected for satellite communication services as well as satellite control system in a secure purpose satellite communication. So we tried this system using 16QAM modulation for increase the transmission capacity. In this paper, we design a circuit and describe the result on which we experimented actually.
キーワード (和) キャリア再生 / ディジタル変調 / セキュリティ / 位相回転 / 16QAM / 衛星通信 / /  
(英) Carrier Recovery / Digital Modulation / Security / Phase Rotation / 16QAM / Satellite Communication / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 174, SAT2017-35, pp. 75-80, 2017年8月.
資料番号 SAT2017-35 
発行日 2017-08-10 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2017-35

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2017-08-17 - 2017-08-18 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2017-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多値変調16QAMにおける秘匿化通信方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 16QAM Communication System using the Concealed Data Recovery Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) キャリア再生 / Carrier Recovery  
キーワード(2)(和/英) ディジタル変調 / Digital Modulation  
キーワード(3)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(4)(和/英) 位相回転 / Phase Rotation  
キーワード(5)(和/英) 16QAM / 16QAM  
キーワード(6)(和/英) 衛星通信 / Satellite Communication  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 健治 / Kenji Suzuki / スズキ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山地 光久 / Mitsuhisa Yamaji / ヤマジ ミツヒサ
第2著者 所属(和/英) NECスペーステクノロジー株式会社 (略称: NECスペーステクノロジー)
NEC Space Technologies, Ltd. (略称: NEC Space)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 正信 / Masanobu Otake / オオタケ マサノブ
第3著者 所属(和/英) NECスペーステクノロジー株式会社 (略称: NECスペーステクノロジー)
NEC Space Technologies, Ltd. (略称: NEC Space)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 雄一 / Yuichi Yamaguchi / ヤマグチ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) NECスペーステクノロジー株式会社 (略称: NECスペーステクノロジー)
NEC Space Technologies, Ltd. (略称: NEC Space)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 誠良 / Masayoshi Yoneda / ヨネダ マサヨシ
第5著者 所属(和/英) NECスペーステクノロジー株式会社 (略称: NECスペーステクノロジー)
NEC Space Technologies, Ltd. (略称: NEC Space)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊嶋 守生 / Morio Toyoshima / トヨシマ モリオ
第6著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-18 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2017-35 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.174 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2017-08-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会