お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-17 09:00
衛星AISにおける非同期な信号衝突に対応した逐次干渉キャンセラの特性評価
上橋俊介能田康義栗田 明元吉克幸岡村 敦三菱電機RCS2017-150
抄録 (和) 全球における船舶の運行管理,航行安全等を目的として,衛星AIS(Automatic Identification System:船舶自動識別システム)が利用されている.本システムは,衛星でAIS信号を取得するため,従来のAISと比較して広範囲の信号を取得できるメリットを有するものの,複数船舶のAIS信号が非同期に衝突して受信され,干渉することにより通信品質が低下する.本稿では,到来信号の伝搬遅延時間と周波数偏差が各々僅かに異なる性質を利用した逐次干渉キャンセラを提案し,非同期な信号衝突時に発生する干渉を抑圧することで通信品質を改善する.提案方式では,重畳して受信される各到来信号の遅延時間と周波数を推定し,電力の大きな信号から逐次復調を行い,遅延時間,周波数推定値を用いて生成した到来信号のレプリカを受信信号から減算することで干渉を抑圧する.さらに,レプリカの誤差要因となる位相雑音や,送信機毎に異なるBT積を推定し,高精度なレプリカ生成を行うことで,キャンセリング精度を向上させる.シミュレーション評価の結果,提案方式を用いることで上記レプリカの誤差を低減し,2波衝突時のパケット誤り率を改善できることを示す. 
(英) Space-based AIS (Automatic Identification System) is used for the purpose of global maritime traffic monitoring and safety. Compared to conventional AIS, it is possible to cover a much larger area on the ground by receiving AIS signals at satellites. In this system, however, communication quality deteriorates due to interference which occurred by asynchronously colliding AIS signals from many ships. In order to suppress interference and improve communication quality, we propose a new SIC (successive interference canceller) that deals with asynchronous signal collision using the difference of the propagation delay and frequency offset between each arrival signal. Our proposed method successively estimates the delays and frequencies in order of signal strength and demodulates them. It enables us to eliminate interference caused by signal collision to generate replicas of the demodulated signals and subtracting the replicas from the received signal. In addition, this method generates highly accurate replicas by estimating the phase noise and BT product of each arrival signal which increase the error of the replicas, therefore the performance of interference cancellation can be improved. The simulation results show that our proposed method can reduce the error of the replicas for interference cancellation, and improve the packet error rate at two signal collision.
キーワード (和) 船舶自動識別システム(AIS) / 衛星AIS / 逐次干渉キャンセラ(SIC) / GMSK / / / /  
(英) Automatic Identification System (AIS) / Space-based AIS / Successive Interference / GMSK / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 175, RCS2017-150, pp. 43-48, 2017年8月.
資料番号 RCS2017-150 
発行日 2017-08-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2017-150

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2017-08-17 - 2017-08-18 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星AISにおける非同期な信号衝突に対応した逐次干渉キャンセラの特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of a Successive Interference Cancellation Scheme Dealing with Asynchronous Signal Collision in Space-based AIS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 船舶自動識別システム(AIS) / Automatic Identification System (AIS)  
キーワード(2)(和/英) 衛星AIS / Space-based AIS  
キーワード(3)(和/英) 逐次干渉キャンセラ(SIC) / Successive Interference  
キーワード(4)(和/英) GMSK / GMSK  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上橋 俊介 / Shunsuke Uehashi / ウエハシ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 能田 康義 / Yasunori Nouda / ノウダ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 明 / Akira Kurita / クリタ アキラ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 元吉 克幸 / Katsuyuki Motoyoshi / モトヨシ カツユキ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 敦 / Atsushi Okamura / オカムラ アツシ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-17 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-150 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.175 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-08-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会